ランニング たまに自転車 あとは酒

サブスリー目指して走ってます

赤羽トライアル レポート

速報にコメントやスター頂いた方、ありがとうございました。

走り終わったあと、脚は動かないし、何か気分も優れず、帰宅してから3時間ほど昼寝してました。さっき起きて、たらふく食べて飲んでるとこです。

 

気温が高いコンディションのなか、どうなることかと思いましたが、何とかサブ315できました。

 

忘れないうちに、簡単にレポします。

 

暑くなるので、服装は、昨日書いたように、薄手のシングレットに短パン。シューズはハンゾーR。頼むよ、ハンゾー。

 

うちから会場までは電車と徒歩で1時間半くらいかかります。地下鉄南北線赤羽岩淵まで行くのですが、地下鉄の中には制服来た学生と親御さんの2人連れが何組もいます。入試なんでしょう。頑張れよー、おっさんも頑張るけん。

 

9時半スタートなので、8時45分頃到着。

会場はこんな感じです。

 f:id:riruriruhkg:20210221210157j:plain

いい天気ですが、この後、どんどん気温が上がります。

 

受付してゼッケンもらい、9時15分くらいに走る格好になります。

コースは、最初1kmくらいで折り返してスタート地点まで戻り2km強をこなし、その後は片道2.5kmのコースを8往復。給水は2.5kmごとにあります。

 

今日の約束は2つ。

2.5kmごとに必ず給水し、予め決めていたタイミングで必ず補給すること。私は、走ってるリズムを乱されたくなくて、結構給水をガマンしてしまうのですが、今日は暑いので、必ず給水を毎回摂ることにします。

もう1つは、絶対に歩かないこと。タイムもさることながら、42.195kmを走り切りたいのです。

 

レポですが、10kmごとに見ていこうかと思ったのですが、単調なコースなので、あまり覚えてないのです。。

 

0-10km

 

f:id:riruriruhkg:20210221210804p:plain

フルと30kmは同時スタートでした。柏の葉レースのときに出場していた東海大学の選手が、今日も30kmに参加してました。またこれ、何回も抜かされるんだな。。

ま、これも何かの縁です。次回箱根駅伝から東海大学を応援することにします。

 

スタート。

435プラスマイナス5秒で刻むことを心がけます。最初はいつものことながら速くなりがちなのですが、今日は、走り始めて200mくらいでガーミンが420とか表示してたので、その時点でグンとペースを落とします。入りの1kmは431。ちょっと速いけど、私にしてはよく落としたと思います。

1kmちょっとで折り返してスタート地点に戻り、ここから8往復です。

すぐ後ろに別のランナーがつけていますが、気になるというより、むしろ一緒に頑張っていきましょう、という気持ち。先は長い。ところが6kmくらいのところで落ちて行ってしまいました。

2往復目。結構なスピードの女性ランナーに抜かされます。10時スタートのハーフの選手でしょう。Sayskyの花柄のランシャツ着てます。これ、もともと「これ女子が来てたら超絶かわいいだろうなー」と思ってたウェアです。思わずついていきそうになりますが(バカか(笑))、「だめだめ、これついていっちゃダメなやつ」と自制します。

10kmまでは、10km目のラップがちょっと速くなってしまいましたが、おおむね430-435の間で刻むことができました。まだ暑さもそれほどでもなく、余裕があります。

 

10-20km

 

f:id:riruriruhkg:20210221210831p:plain

いろんな距離のレースを同時にやっているので分かりにくいのですが、スライド区間でフルのゼッケンつけている人をチェックすると、どうやら私は6番手を走っているようです。先頭の若者はかなり速い感じです。顔色一つ変えずに飛ばしています。

このあたり、もうあんまり覚えていないのですが、あと何キロとか考えずにとにかく無心で刻むことを心がけました。気温は結構上がってきましたが、毎回必ず給水しているおかげか、それほど堪える感じではありません。

 

ここで大変なことに気づきました。着替え持って来るの忘れたわ。上に着るパーカーとスウェットパンツはありますが(着てきました)、着替えのTシャツ忘れました。げ、汗だくのシングレットの上にパーカー着て帰るのか。。

今、そんなことどうでもいいだろ(笑)。

 

15kmの手前で、最初の補給。塩飴ジェル投入。ここからは5kmごとに補給します。

20kmまでの区間も、いい感じで刻めました。

 

20-30km

 

f:id:riruriruhkg:20210221210859p:plain

かなり暑くなり、435刻む脚も少しづつ重くなってきます。

そろそろ時々弱気の虫が出てきます。そのたびに、「アドレナリン、アドレナリン(キリッ)」と心の中で唱えます。言えば出るのか、アドレナリン(笑)。

「だが走る」「苦しみはいつか消える、諦めた事実は永遠に消えない」に加えて、最近の私の流行りは「Finish Strongly」。最後まで力強く、力強く終わりたい。

すれ違う人たちもみんな暑さで辛そうな顔してます。私もだいぶキツいですが、「力強く、力強く」と思いながら、平静を装って走ります。誰も見てないけど。。

この区間で、最初のコムラケアゼリーを投入します。少しだけですが、左ふくらはぎが怪しい兆候を見せ始めたので。脚が攣ったら一貫の終わり。脚攣り恐怖症です。

 

30km-フィニッシュ

 

f:id:riruriruhkg:20210221210922p:plain

一気にゴールまで行きます。

30km。前回はここから崩れました。今回は負けません。

32kmちょっとのあと10km地点の折り返しで、「さあ、ここからだ」と気合いを入れ直します。435を刻むのもだいぶキツくなってきました。でもあと2往復。

「アドレナリン、アドレナリン(キリッ)」

暑いはずなのですが、アドレナリンのおかげであまり気になりません。でも、すれ違うランナーの様子を見ると、みんな辛そう。私も辛いはず。。

先頭を走っていた若者とはもうすぐ周回差がつきそうです。でも、彼も脚が攣ったのか、立ち止まってストレッチしています。すれ違うときに、コムラケアゼリーのもう1つを渡してあげようかとも思ったのですが、渡さなくてよかったです。なぜなら後で私がもう1つ使うことになったから。。

結局32km以降は435が刻めず、ペースが徐々に落ちていきます。弱気になり始めたのか、変な計算を始めるようになりました。ここからキロ5でも315行けるよな、とか。。

ダメです。キロ5でもいいと思って落ち始めると、へばって落ちたときにはキロ5なんかじゃ済まないのです。とにかく、あくまでも行けるところまでペースを落とさず食らいついていきます。

37kmの折り返し。最終周回。あと5kmです。この5kmの前半2.5kmが本当に辛かったです。さすがに暑いし、もう表情も平静ではなくなっています。まだ5kmもあるんですが、ここで力を緩めたらズルズル行ってしまいます。とにかく全力を出します。

といっても、ペースは徐々に落ちていきます。一時は454まで落ちました。キロ5は絶対に見ない、そう思って食らいついていきます。

ここで再び脚が怪しい感じになってきたので、2つ目のコムラケアゼリーを投入。何としても脚攣りだけは防がなくてはなりません。

最後の折り返し、あと2.5km地点で、3時間1分45秒くらいだったと思います。このままいけば315確実ですが、何があるか分からないので、全く安心できませんでした。でも、ここまで来たら、気合で行くのみです。ペースを上げます。すごく上げてるつもりだったのですが、あんまり上がってませんでしたが。。

一つ前の順位を走るランナーが200mくらい先に見えます。折り返すたびにいつも気にしていたのですが、お互い大きく崩れることなくここまで来ました。追いつくことはできなさそうですが、離されないように、気持ちとしては引っ張ってもらいます。

高崎線の鉄橋をくぐると、ゴール地点が見えてきます。さすがにもう大丈夫でしょう。

 

Finish Stronglyとなったかどうかは極めて怪しいですが、なんとかゴールに飛び込みました。3時間13分52秒。やりました!

 

もう走れません、ていうか歩けません。

 

記録を見ると、フル出走したのは24人ですが完走は13人。暑かったので正しくDNFの判断をした人も多かったんでしょう。

 

今回、315を何としてもやりたかったのは、一つの区切りとなるタイムというのもあったのですが、もう1つ理由があります。

私の会社の後輩でもありラン仲間であるM君。私より15歳も年下なのですが。彼はたぶん10年くらい走っているのですが、どちらかというとファンラン路線です(練習メニュー的なこと、全然知りません)。ところが、一昨年のニューヨークシティマラソンに出場し、初フルマラソンでサブ315というとんでもないことをやってくれたのです。

もっと上を目指せばいいのに、と思っているのですが、彼はそれ以降、またファンランに戻ってしまいました。もちろん、無理強いするつもりはないのですが、彼にもう一度レースに出てもらいたいな、と。で、できれば私も彼と競えるくらいになりたいな、と。

確かM君の記録は3時間14分53秒。彼にとって私は走力が一段下のランナーだったのですが、彼をもう一度やる気にさせたいと思っていたのです

 

 

 

ちなみに、今朝の体重は61.5kgと、一時期の糖質制限にもかかわらず全く減っていませんでしたが、帰宅して測ったら57.5kgでした。体力使いますね、マラソンは。

 

沢山の応援コメントやスター、本当にありがとうございました。今年に入ってから、ちょっと出来過ぎの感じだったので、フル走ったらぼろが出るかと思うところもあったのですが、目標達成することが出来ました。まずは3.5ではなく、思い切って315を狙いにいってよかったです。

 

とりあえず、少し休みます。