ランニング たまに自転車 あとは酒

サブスリー目指して走ってます

早朝LSDからの、今さらだけどマラソン大会って高くね?

皆さんこんにちは。

りるは富山撃沈だな、といわれるなか、めろさんたちが二子新地7時集合で練習会やるっていうので行こうかと思ったのですが、KNJまるかぶり。
またもや次男の模試の送り迎えですよ。もうね、同じところでやってほしいんですよね。。


仕方ないので、ソロLSDです。今日はもともとLSDの予定だったのでまいっか。

通常なら、次男を送ってから迎えにいくまでの時間がちょうど3時間くらいなのでそこで走るのですが、どうせなら時間を有効に使うために、早起きしてKNJの前にとっとと済ませてしまいましょう。


というわけで、私にしては奇跡的に4時前に起き、まだ暗い中を多摩川遡上LSD
今日は二子橋から神奈川側を稲城多摩川大橋まで往復です。
7時には帰宅しないとならないので、3時間いけるかどうかというところ。

まだ暗い多摩川の土手を走ります。ランナーはまだいませんが、お年寄りの散歩というのは暗いのに結構いるんですね、やっぱり。。


きのうの酒が残ってるせいか、涼しいのに汗だくです。
この季節、汗をかくとウエアが肌にはりついてそのうちお腹が冷えてくることがわかりました。低負荷ロングはこの点で結構きついです。

今日も、1時間半遡上して折り返したころから、冷えたお腹がヤバくなってきました。
立ち止まって花火放出しようかと思ったのですが、「おぉおぉ、これやばい、中身の方だ」と思い踏みとどまってよかったです(笑)。
中野島のセブンにピットイン。事なきを得ます。

その後もヤバ目の状態が続き、二子新地のトイレに再びピットイン。
出てきたところで、7時集合のめろ練に早めにやってきていたいとーさんと遭遇。
あぁ、そっち走りたかったなー。


そんなこんなで7時ちょいに家につき、シャワー浴びて無事に次男を会場に送り届けます。



ふー。

時間を有効に使うためって早起きしましたが、朝8時にして特にやることもなく、クソヒマです。。


しかたないので、レース計画でも見直しますか。


と思って今さらながら気づいたのですが、マラソン大会って高いっすよねー。
ていうか、最近急に高くなってる気がしますよねー。

ヒマなので調べてみました。

名称 2019 2020 2021 2022
北海道 110 (110) (110) 165
いわて盛岡 95 (95) (140) 95
いわき (75) (75) (75) 90
水戸 80 (80) (80) 90
かすみがうら (70) (70) 100 -
つくば 75 (75) (75) 105
東京 162 - 233 233
横浜 162 (162) (230) 200
湘南国際 145 (180) (180) 140
長野 (121) (121) 143 -
富山 100 100 125 130
金沢 100 (100) 160 150
富士山 110 (110) 145 145
名古屋W 138 260 160 190
奈良 100 100 160 100
大阪 140 (140) (230) 172
神戸 150 (150) (197) 162
おかやま 110 (110) (140) 140
防府 110 110 130 130
下関海響 100 (100) 160 100
福岡 128 (128) (148) 164
青島太平洋 91 (91) 135 118

※単位は100円。2022シーズンとは、2022年8月~2023年4月まで、と勝手に範囲決めました。他の年も同じ。また、(  )は中止の年。


意外にも、今年は値下げしてるところも結構ありました。これはいい傾向ですね。昨シーズンが異常でしたね。
それでも、ランナー、カモられ過ぎではないかと。4シーズン分しか載せてませんが、それより前は1万円以下どころか6000~7000円が当たり前の時代でしたもん。ワンショット1万5千円とかいうイベントって、普通に考えてそうはないでしょう。

ま、好きで参加するのですからいいんですけど、冷静に考えると高いですよねー。


※こっから先は、「ちっちぇーこと言ってんじゃねーよ」という批判覚悟で、ちっちぇーこと書きますので、できれば読まないでください。


ランナーってアスリート界でもきっと礼儀正しくておとなしい部類に入ると思うので、
「コロナなのに大会を開催してくれてありがとうございます」
とか
「走れることに感謝しています」
とか
私もよく書いちゃうんですよね。

もちろんその通りなんですけど、これからは思うだけにしようかなと。レースのレビューとかも、フル走り切った達成感ですべて美化されてしまいがちですが、「高い割にしょぼい。もう出ない」とかちゃんと書いたらいいと思うんですよね。


あと、フルマラソンって、それに向けた練習や準備も大変だし、「一大イベント」感が超強いじゃないですか。
非日常度、ハレの日度が高ければ高いほど、サイフの紐は緩くなるもんなんで、そんなところも利用されてる気がします。


たしかにいろいろコストがかかるのは分かりますが、いまでも10,000円以下でできてる大会もあるわけです。
大都市はカネがかかる?
世田谷246ハーフなんてハーフだけど5,500円でできてるわけですよ。しかもたった1,400人の募集で。


ま、人それぞれなのですが、私自身はエントリーするレースを賢く選ぶようにしようと思いました。
非公認なのにエントリーフィー2万円とかいうわけわからんレースが神奈川県にはあるようですが(こういうのも書いた方がいいと思うんですよね)、一生出ることないでしょうね。

非公認なら、われらが赤羽トライアルで十分です。マジで。折り返し多くてギャルランナーと何度もスライドする楽しみもあるし。


そんなわけで、今シーズンにエントリーするフルマラソンはある程度厳選ですね。

年内は富山だけですが、年明けも、東京マラソンは去年当選してて入金しなかったことからたぶん落選すると思うので、引き続き良心的な価格を維持しているいわきサンシャインと、去年のリベンジに燃える長野、以上でいいかな、と。

いわきは記録は狙えなさそうなのが気になりますが。。

ま、でもいずれにしても1シーズンに公認3つ走れば十分でしょう。



さ、飲みますか(もう飲んでる)。

ではまた。