大容量サドルバッグレビュー① - Everbike

前回、選びに選んで、悩みに悩んで購入したEverbikeの大容量サドルバッグ。
theresalight.hatenablog.com

「Everbikeのサドルバッグ」とか普通に言ってるけど、なんだそりゃって感じであろう。
そりゃそうだ。そこそこ使えそうで、しかも絶対に人と被らない大容量サドルバッグを探して、たどり着いたチェコブランド。多分日本で持ってる人はいないんじゃないか?だったらレビューなんて書いても何の役にも立たないこと承知であえて書く。今回は実際に使う前のインプレッション。

1. 購入・支払・発送
ホームページから直接購入できる。ただし会員登録が必要。
4/6(木)深夜に購入、翌4/7(金)に注文確認と送料込みの支払金額・支払先が記載されたメール到着。支払方法は、なんと海外送金のみ。
4/7(金)に指定の口座に送金を実行。
4/18(火)に商品到着。

海外送金にかかる日数も考えると、発送は思いのほか迅速だった。
しかし、支払が海外送金だけというんじゃ、なかなか買う気にならない。クレジットカードか、せめてPaypalを可にしてほしいところ。
ちなみに、商品価格66ユーロ、送料30ユーロ。これに送金手数料が3500円くらいかかる。商品の価格は安いが、もろもろで結局普通に日本で売ってるのを買うのとあんまり変わらないコストになる。
※さっきサイトをみたら価格が73ユーロに値上がりしてた。。それでも安いけど。

2. ファーストインプレッション

  • デザイン

ロゴがあか抜けない点を除けば、悪くないと思う。個人的には、ズタ袋様ののっぺりした感じだと格好悪いと思っているので、縫い目がアクセントになっていたり、前半分と後ろ半分で生地の質感が違っているデザインは◯
f:id:riruriruhkg:20170419020609j:plain

  • 重量

実測383g。12Lの容量のサドルバッグとしては決して軽い方ではないが、持った感じは決して重いとは感じない。

  • 特徴

バッグの入り口はマジックテープで止めてからロール。内側を見ると、防水ではないと思っていたのだが、縫い目も含めて(見た感じ)しっかり防水加工されていた。Apidura dryのように外側で縫い目加工するよりも、Everbikeのように内側で縫い目加工する方が見た感じは格好よい。防水性能についてはあとで検証する。
f:id:riruriruhkg:20170419020618j:plain
バッグ内側には特に仕切り、ストラップ等なし。
ロールしたバッグは、上面も含めて3か所のストラップで止めるタイプ(Oveja Negra方式)。バッグ下面にプラスチック等のシェルは使われていないので、この上面のストラップと、バッグ下面の硬めの生地のハリによって、形状を保つやり方と思われる。
ショックコードはなぜかバッグ下面についている。
反射シートは長い帯状のものが2本ついている。またテールランプ取付箇所もある。

3. 取り付けてみる
取り付け方は、サドルレールとシートポストそれぞれのストラップを止める、至って普通の方法。特段なんの問題もない。
f:id:riruriruhkg:20170419023355j:plain
ただ、手で揺らしてみた感じ、かなりスイングする。ダンシングしたりするとそれなりに気になる程度だと思う。何らかの対策を施した方がよさそう。
サドルからの横の張り出しはほとんどなく、ペダリングしていて脚が当たるということはなさそう(要実証)。
f:id:riruriruhkg:20170419023409j:plain
最後に、防水性能を確認するため、古新聞を丸めて入れてシャワーの水をかけまくってみた。まあ、防水だと言っていいだろう。気持ち湿っている感じのところもわずかにあったが、基本的には雨のときは乗らないので、許容できる範囲だろう。パッキングするときに特にエア抜きバルブ等がないにも関わらずどこかから空気が抜けていったので、完全な防水ではないと思っていたが案の定。

次回の遠出のときに、実際に使ってみたレビューを書く予定。