読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CAAD 9 vs Cayo

CAAD9 Focus CAYO

先週新ランド坂に行ったとき、久しぶりにCAAD9に乗った。
最近、ロングライドが多かったので、フルカーボン、電動シフトという楽ちん仕様のFocus CAYOばかりだったので、久しぶりにCAADに乗って、改めて違いにちょっと驚いた。

f:id:riruriruhkg:20161218232734j:plainf:id:riruriruhkg:20161221020700j:plain

何ら数字に基づいたことを言っているのではないが、
一言で言えば、CAADの方が、中速域からの加速での反応が明らかに良い、ということである。32~33km/hくらいから踏み込んだときに体感できる。端的に言って、平地を巡航していて、楽しい。

普段よりも感覚的かつ推察に基づく記載が多くなるが、CAADとCayoの違いを自分なりに考察してみた。

1. 重量
実はCAADはパーツをほぼ全取り換えしているので、Cayoよりもだいぶ軽い。
しかし、今回はCAADはPowerTapのホイールを履いていたため、軽量ホイールを履いた状態のCayoよりも重かった(CAAD 7.65kg vs. Cayo 7.57kg)。
したがって、重量の問題ではない。


2. ジオメトリ
ジオメトリのうち、加速性能に影響を与えるのは、まずはリア-センター。リアセンターは短い方がかかりが良いと言われる。これは、踏んだ時にチェーンステーの弾性が大きい(=チェーンステーが変形する)と駆動力が逃げてしまうから、と整理している。しかし、CAADもCayoも405mmで同じ。
また、よく言われるのはBB下がりが小さい(=BB位置が高い)方がかかりが良いということだが、これは自分でもなぜそうなのか整理ができていない。しかしこれもCAAD 72mmに対しCayo 70mmであり、ほとんど差がない。というか敢えて言えばCayoの方がBB位置が高い。
両者のジオメトリでの一番の違いは、フロント・センターや、ホイールベースであるが、これらは主に直進安定性に影響を及ぼすものであり、加速性能にはあまり関係がない。
これらから推測するに、ジオメトリもあまり関係がないようである。

CAAD 9 Cayo
トップチューブ 515 520
シートチューブ 460 480
ヘッドチューブ 110 105
シートチューブ 74.5 74.8
ヘッドチューブ 72.0 71.25
ホイールベース 959 975
フロント・センター 565 575
リア・センター 405 405
BB下がり 72 70
スタック 517 504
リーチ 368 383

3.フレーム素材
そすと、最後はやはりフレーム素材ということだろう。カーボンフレームは、剛性を強く出すこともしなやかさを出すこともでき、所謂エンデュアランス系ロード(Cayoもこの部類に入る)では、しなやかさ・衝撃吸収性等を重視して作られる。
一方のアルミは、もともと素材としての強度が弱いため、強度を出すために肉厚/大口径にする必要がある。剛性は口径の3乗に比例するため、強度を出そうとすると剛性は強度以上に高まる=剛性が高いフレームとなる、というのが私の理解。
ただし、ではアルミフレームは全て剛性が高くCAADのような加速の良いフレームなのかというと、ことはそう単純ではないだろう。そこに、素人には分からない、Cannondaleのアルミフレームの技術があるというしかなかろう。

以下、ご参考。

CAAD Cayo
ハンドルバー EASTON EA70 380mm 3T Ergonova Pro 400mm
ステム Cannondale C2 Concept PX
シフター SRAM Force Shimano Ultegra Di2 ST6770
クランク FSA K-Force Light BB30 170mm コンパクト Shimano Ultegra FC-6700 170mm コンパクト
FD SRAM Force Shimano Ultegra FD6770
RD SRAM Force Shimano Ultegra RD6770
カセット Shimano Ultegra 11-23T Shimano Ultegra 11-23T
シートポスト Easton EC70 Concept PX,Carbon
サドル 中華カーボン Prologo Nago Evo w/ Ti rails
ペダル Look KEO2 Max Look KEO2 Max
ブレーキ Shimano Ultegra BR6600 Shimano Ultegra BR6700
ホイール・タイヤ・カセット除き重量 4.7kg 5.2kg

ホイール+タイヤ+チューブ

前輪 手組軽量+Pro3 Race 0.97kg
Fulcrum CEX6.5+Continental Grandprix 1.25kg
後輪 手組軽量+Pro3 Race 1.4kg(カセット込)
Powertapホイール+Lithion2 1.7kg(カセット込)