THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT

ランニング たまに自転車 あとは酒

気分を変えて多摩川で3時間LSDと、ニューシューズ購入(やっちゃった。。)

みなさん3連休はいかがお過ごしでしょうか(お仕事の人もいるかとは思いますが)。

私は、昨日は30kmレースの疲れも残っていたのでランオフ。

今日月曜日、せっかくの3連休なので峠に行こうかとも思ったのですが、47歳、疲労が抜け切れていないのに無理して故障してもアレだし、コロナの状況踏まえても電車には乗らない方がいい(といっても毎日出勤してますが。。。)と思い、自宅発のランにすることにしました。
そんなに負荷のかからないLSDかな。

しかし、駒沢公園の周回コースでLSDをやるのは精神的にマジきついので、気分を変えて多摩川沿いを走ることにしました。
低強度だし、気温も低く川沿いで風もあるだろうってんで、寒さ対策を万全にして出発。シューズはザンテパシュート

二子橋を渡って川崎市側の右岸に出ます。さて、上流に行こうか下流に行こうか。ま、気分的には上流に向かうんでしょうね、こういう時は。
生憎天気は曇り空でしたが、寒々とした冬の曇り空の中を走るには、いつものお供の音楽であるルーマニアモンテビデオがよく合います。。
(しかし、全く浮気することなく、この2年以上全く同じ音楽だけを聴き続けて走っているのもすごいな、と。この2年間、全ての人の声の中で、三好真美の声を一番聴いていると思う(笑))

過去記事はりつけちゃえ。
theresalight.hatenablog.com


そんなこんなで、上流に向かって走りますが、以前は、登戸の先の中野島あたりの何もないところでいきなりコースが終わっていたと思ったのですが、延伸されたらしく、矢野口の多摩川原橋まで行くことができました。以前のあの終わり方はないだろ、という感じだったので、さすがに伸ばしたのでしょう。
ここでちょうど1時間半になったので、橋を渡って折り返し、今度は左岸を走ることにします。

曇天。。
f:id:riruriruhkg:20210111185954j:plain

時間が11時近くになって人々の活動が活発になったせいもあるかもしれませんが、左岸の方が人も自転車も多い感じでした。野球場とかも左岸の方が多い印象。走るなら右岸の方がいいかもしれません。
途中、未舗装のところもあったりしましたが、無事に二子玉川近辺にたどりつき、ここから坂を上るのがきついのですが、ほぼ3時間で家に到着。
f:id:riruriruhkg:20210111190107p:plain

久しぶりに3時間LSDをやりましたが、どうなんでしょう、以前に比べれば脚に来なくなったような。持久力がついたということなのかもしれませんが、eA式でも「仕上げ期」にはLSDの重要度は下がると言っているので、2月14日のトライアルマラソンに向けては、積極的にやらなくてもいいかもしれません。
ま、散歩がてらにもなるので、嫌いな練習ではないのですが。。


で、3連休、走る以外には特段の外出もなく、家にいる時間が長くなるとどうしてもネットで買い物したくなるのがダメなところ。新しいランシューを物色。帰宅ラン用のFuelcell Propelと、レース用のHanzo Rをこの前買ったばかりなのに。。
雪用とかベアフットといった特殊用途のシューズや、Fuelcell Rebelのようないまいちどう使うのか分からないシューズがムダに存在することもあり、船便でこれらが到着するとシューズの置き場に困ることになりそう。なので、Hanzo Rの購入はザンテパシュートの引退見合いだったのですが、ザンテパシュートはまだ700kmほどなのであと100kmは走れるし。

にもかかわらず、ザンテパシュートが引退したら通常ラン用にはペガサス36のほかにもう1足欲しいよなあ、といつのまにか1足増の運用を想定。

(どーでも情報)~現状のシューズ運用。ほとんど履いてないシューズが多いのです。。

名前 用途 km数
New Balance ザンテパシュート 通常練習、峠走 698
Nike ペガサス36 通常練習 387
New Balance Fuelcell Propel 帰宅ラン 144
Nike ペガサスターボ2 スピ錬、5~10kmレース 92
New Balance Fuelcell Rebel スピ錬、5~10kmレース 75
New Balance ハンゾーR レース 49
Merrell ベイパーグローブ4 ベアフット 46
Merrell モメンタス トレラン、ハイキング 32
Inov-8 Oroc280 雪用 7


ま、ニューバランスのシューズなら、かわいそうにいつも叩き売られているので、財布的にはそれほど痛手でもないからいっか。
ほんと、ニューバランスって、まあまあいいシューズだと思うのですが、Hanzo R (v2)も、v3が出たおかげで今は最安3980円になっちゃってるし、ザンテパシュートも最安3590円。。もう子供の運動靴レベル。。

で、狙っていたのは、フレッシュフォームシリーズのビーコン。アメリカにいる時に見たyou tubeのレビュー動画でもやたらと評価が高く、ペガサスや、HokaのClifton、サッカニーのキンバラと並ぶ、現地では定番シューズの扱い。

ところが、いろいろ見ているうちに、Atreyu(アトレイユ)というブランドを発見(してしまった)。
シューズアドバイザーの藤原さんの動画でも少し紹介されているのですが、テキサス州オースティンで2020年に発足したブランド。
Atreyu Running Company

なんかムダなものをそぎ落とした感のあるツクり、知る人ぞ知る感のあるブランドイメージ、サイズ9(27cm)でわずか170gという軽さ、75ドルという価格。
あー、ダメダメ。反則級だよ、これ。こういうブランド、私に刺さりまくり。
人柱でもいいので、即購入。。

ちなみに、いくつかモデルがあるのですが、これは色が違うだけのようです。色的には、"Fear only regret”か"Voyager"がよかったのですが、生憎わたしのサイズは売り切れだったので、ピンクのアウトソールの"Battle lies within"というのを注文。
f:id:riruriruhkg:20210111190539j:plain
(で、気が変わって黒の"The Standard Issue Colorway #2”に変えられないか、問い合わせ中。。)


送料が35ドルほどかかり合計110ドルをちょっと超える感じなので、叩き売られているニューバランスと比べるとお得感はありませんが、普通にHokaやOnよりも安いので、まあ、いいでしょう。

とりあえず、一刻も早くザンテパシュートを履きつぶして引退させないと置き場がないので、走ります。。