THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT

ランニング たまに自転車 あとは酒

グランドサークルを巡る(半周だけ) - 3日目(Lake Powell - アンテロープキャニオン)

3日目です。

7. Lake Powell
Lake Powell自体は、本気で遊ぼうと思えばボートツアーもあるし、リゾートホテルもあるので何日も滞在してウォータースポーツをやることもできるのであるが、2~3時間つぶすだけなので、ダム見学に行くことにする。所要45分。

ダム見学は、かなり厳しい持ち物チェックがある。基本、カバンの持込は不可。ごく小さいものはOKだがそれでもヨメは中を詳細に確認されていた(サイフの中までチェックされていた)。
ダム自体はふつう。若くてきれいなお姉さんが要所要所で一通り説明してくれる。とりあえずダムの写真。
f:id:riruriruhkg:20180810035403j:plain

まだ時間があるので、リゾートホテルのあるWahweapまで行ってみるが、リゾートホテルに何の用もないので、そのまま戻る。まあ、滞在型リゾートをするのであれば、砂漠の中の人造湖よりも、カリブ海のビーチの方がいいなあ。
f:id:riruriruhkg:20180810035446j:plain

8. Antelope Canyon
ここはナバホ族自治区の中にあり、入るにはツアーに申し込まなくてはならない。このツアー、もとは35ドル程度らしいが、私が2週間くらい前に予約したときには、直接ツアー会社に申し込むのは全て満席で、旅行サイト経由で70ドルもするやつしか残っていなかった。
ついでにいうと、日光が谷の底まで差し込むのは正午ころだけなので、正午ころのツアーが一番人気があるらしい。私は14時のツアーしかとれなかった。
実際には、当日walk inでも夕方の時間は空きがあったようで、13時ころ現地に行ったらWalk inの人が16時なら空いているとか言われていた。まあでも予約していった方が精神安定上、良い。

時間の1時間前に絶対来いと言われたので、その通りに行った。チェックインの手続き自体はすぐ終わったが、その後出発時間までの約1時間、砂漠の真ん中で簡単な日よけがあるだけのところなので、何もやることがない。車に戻ってクーラーガンガンにかけ、目覚ましをセットして昼寝。

時間になって集合場所に戻ると、12~14人づつが1グループになって、ジープ(というかトラックの荷台に椅子をつけたような車)に乗ってAntelope Canyonまで移動する。砂埃の中を疾走するジープからの景色。。
f:id:riruriruhkg:20180810035514j:plain

Antelope Canyonの中は、歩いて移動。Canyonといってもグランドキャニオンのようなスケールではなく、簡単に言えば、砂地の上にある高さ10mほどの赤茶けた岩盤に地面のところまで亀裂が入っていて、その亀裂の中(言ってみれば谷底)を歩くというもの。亀裂が単なる亀裂ではなく様々なカーブを描いていること、日光が差し込むと岩盤の色と相まって美しいこと、がミソ。らしい。
文字で書くと何のありがたみもないので、写真をご覧ください。
f:id:riruriruhkg:20180810035552j:plainf:id:riruriruhkg:20180810035636j:plain

中国語圏からの観光客が多いらしく、私たちのグループ14人のうち6人は中国語を話す人たちであった。ナバホ族のガイドの人が「右辺(ヨウビェン=右側(に寄って))」とか「快走(クァイゾウ=早くいって)」とか簡単な中国語を覚えていることからもそれが伺い知れる。
ガイドの人は、要所要所で家族ごとに写真をとってくれたり、かなりきめ細かに働いてくれた印象。

ツアーは約1時間半。

9. Antelope Canyon - Monument Valley
Antelope Canyonからは98号線を南東へ。160号線とぶつかるところにGSがあるがそれ以外はほぼ何もない。160号線を左折して東へ。この道路は少し交通量が多い。30マイルほど走るとKayantaという街に着く。ここにはGS、ファーストフード、モーテルがいくつかあり、ちょっとした街。ここからモニュメントバレー方面に左折するが、ここがアリゾナ州最後の街であり、ユタ州に入るとガソリンがやや高いので、ここKayentaで給油するのが吉。
なお、Pageの街を出てすぐ、Antelope Canyonの辺りからナバホ族自治区(Navajo Nation)となっている(実はCameronからPageへの道のりもほとんどがNavajo Nation)。ナバホ族自治区では酒類の販売がされていないので、ここKayentaでも酒は買えない(はず)。酒を飲みたい人は、ここからモニュメントバレーを超えたMexican Hat(ぎりぎりナバホ族自治区を出たところの街)まで行かなくてはならない。

Kayentaからモニュメントバレーに向かう途中から、モニュメントバレーの岩山群が見えてくる。ユタ州に入るとすぐモニュメントバレー。
アメリカ西部って感じ。
f:id:riruriruhkg:20180810035709j:plain

ちなみに、モニュメントバレーの園内にView Hotelという有名なホテルがあり、そこがとれればそこに泊まるのが最も良いがなかなか予約がとれないらしい。
我々は、モニュメントバレーの園内ではないが、同じ地区にあるGoulding Lodgeというところがなんとかとれたのでそこに泊まった。ここからも遠くにモニュメントバレーが見えるし、敷地内に簡単なスーパーもある(酒は、ない)ので、悪くないと思う。
この2つの宿がとれないと、Kayentaのモーテルか、モニュメントバレーを行き過ぎたMexican Hatのロッジに泊まるしかないが、いずれもモニュメントバレーから20-30マイル離れているので、できればこの2つのどちらかに泊まりたい。

3日目終了。