THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT

ランニング たまに自転車 あとは酒

今月の峠走 - 大野山

今週は、23日にリカバリージョグを6km ほど行ったほかはランオフでした。

今後の練習について腰を据えて考えたいと思っているのですが、何気に仕事が忙しくなってきて平日は考える時間がないまま週末を迎えてしまいました。

 

サブ315の次はサブスリー、と言いたいところではあるのですが、ゆうてもキロ20秒も違うわけだし、2つぐらい違う世界の話だよね。。そもそも自分がサブ3なんて目指す日が来るなんて思ってなかったし。

とはいっても、大きな目標として掲げるなら細かく刻む意味もないし、いつか目指すんだったら早く目指した方が良いに決まっています。 年だってどんどん取っていくし、そのうちやろうって思っていることは往々にして結局やらないで終わってしまうものです。

 

サブ3に向けて何をやらなきゃいけないかっていうのは、もうちょっとよく考えるとして、とりあえず週末が来てしまったので最近やってない峠走に行ってきました。

 

そろそろ足柄峠に行きたいと思っていたのですが、まだフルマラソンから完全に回復はしていないと思うのでちょっと負担が重いかな。もう少し小ぶりなところで再開しようと思いました。

で、大野山です。足柄峠と同じ御殿場線の山北を出発点としますが、足柄峠は南側に向かいますが、大野山は北に向かって登ります。

距離は約8kmと大したことありませんが 、獲得標高は約600m、平均斜度7.5%ってとこです。

 

 

平均斜度で7.5%っていうのは、相当きついと思うんですよね。

例えば平均5%と平均7.5%の差って2.5%だけど、きつさは随分ちがうと思うんです。最大斜度が2.5%違うわけじゃなくって、平均だからね。。全区間において+2.5%ってことと一緒だからね。。

もっと言うと、最大斜度もたぶん2.5%以上の開きがあると思うんです。ある程度距離がある峠道だったら、平均斜度にかかわらず2〜3%程度の緩い区間っていうのも必ずあるはずで、そうすると平均5%の峠だったら3〜最大7%程度で済む可能性もあるけれど、平均7.5%の峠だと5.5〜最大9.5%とかでは済まなくて、3〜最大12%って感じになるんじゃないかと。

 

あー、理屈っぽい。。

ごちゃごちゃ言ってないでとっとと上ってこい、と。。

 

で、始発で行く予定でしたが、案の定起きられず、6時半頃家を出発。

電車を乗り継いで山北に着いたのは9時前。

ローカル線の御殿場線ですが、ハイキングの人たちで結構混んでました。

 

駅のすぐ南に町の健康福祉センターがあり、その中にさくらの湯という銭湯やコインロッカーがあります。センター自体の開館時間は朝8時半ですが、建物の外に24時間利用可能なコインロッカーもあるようです(建物の中にもあり。外は300円、中は200円)。

 

私が着いたのは9時前だったので建物の中のコインロッカーを利用しましたが、結構もう使われていて、200円の小さいロッカーはあと数台しか空いていませんでした。

 

さあ出発です。 寝坊したおかげで時間があまりありません。10時54分発の電車で帰らなくてはなりません。2時間もない。帰ってこれるのかな。。

 

f:id:riruriruhkg:20210227150141p:plain

ガーミンの天気、いい加減ですね。。快晴だったんですけど。。

 

こちら上りの部。

f:id:riruriruhkg:20210227150523p:plain

 

きつかったですわ。。

 

最初1kmはだいたい平坦ですが、トンネルをくぐって右に曲がったとこから本格的な上りに。

途中、第二東名の工事現場は仮設ルートで通過し、そこを超えた辺りから斜度が急に。

4km超えたあたりから10%超えが標準になった感じ。脚は動かないし心肺辛みだし。。まだ回復してなかったか。。いや、もともとか。。

ほとんど10%超えが2km以上続き、もうキロ8分超えです。。ヘロヘロになったところで牧場が見えてきます。

お、これはゴールが近い感じか?

牧場からは斜度が急に緩くなりあと一息。

 

最後に、駐車場のところを左に折れて最後の急な上りを踏ん張れば、広場になった頂上に出ます。

で、目の前に富士山。

おぉー。

 f:id:riruriruhkg:20210227140342j:plain

 

写真じゃ感じが出ませんが、最後の坂を上っていく途中で、目の前に大迫力でいきなり現れます。なかなか圧巻です。

ちなみに、途中の道はすべて大野山の東側、つまり富士山と反対側の斜面を上るルートなので、途中では全然見えません。

 

今回、小ぶりな峠としてここを選んだのは、きれいな富士山を近くで見たいというのもありました。大野山、富士山スポットとしてはかなりレベル高いと思います。

 

こちらは箱根の山々(だと思います)。

 f:id:riruriruhkg:20210227154512j:plain

さて、あまり浸っていると体が冷えるし、だいたい時間がありません。

下りはマジメに下ります。

f:id:riruriruhkg:20210227150603p:plain

 

峠走の下りは、岩本式の黄色い本の言っていることを愚直に守っていて、腕を拳1つ分下げるというのもありますが、体を斜面に垂直にし、体を前に投げ出すようにして、バンバン音を立てながら下ります。

10%を超えるような坂だと、さすがにまだ怖くてブレーキかけちゃいますが。。

 

自分的にはそこそこ一生懸命下り、10時40分頃健康福祉センターに到着。着替えて荷物をピックアップし、なんとか電車に間に合いました。

 

 

ちょっとまだ回復してなくてキツかったですが、天気も良く、富士山もキレイに見えたので、行って良かったです。