NY Ride - 自転車で行っても意味のないSam's Point

久々の投稿過ぎますね。一応生きてます。

家族の受入れと生活の立上げでほとんど乗れなかったのと、そこそこ仕事も忙しく、ブログ更新する時間がなかなかとれなかった。
今回投稿するRideも、行ったのは8月の話。。

前回行ったBear Mountainに続き、ロクな山がないなりにもNY州のヒルクライムコースを探してみた。
theresalight.hatenablog.com

New York Top Bike Climbs(https://www.pjammcycling.com/new-york.html)で第6位となっているSam's Point。
なにやら断崖絶壁のあるハイキングコースとしても著名らしい。
結構遠いので、Beaconというところまで輪行していくことにする。

Beaconからハドソン川を渡ってNewburghという街へ。そこから延々とState Road 52号を北西に進むルート。

ハドソン川は、Interstate84というハイウェーの橋に歩行者・自転車用の道がついていて、そこを渡る。
こんな景色であります。
f:id:riruriruhkg:20171112132215j:plain

52号線は片側1車線だが、結構車通りも多く、また路肩が狭いところもある&舗装がひどいところもあり、決して走りやすい道ではなかった。ただ、こちらのドライバーは、日本みたいにギリギリで抜かしていくバ●はいなくて、目の前で転んでも轢かないくらい大々的に避けて抜かしていってくれるので、その点は安心。
Waldenという村に入ったところで、いくつか店が現れたのでダンキンドーナツで補給。チーズとソーセージと卵をクロワッサンに挟んで700kcalとかいう自転車乗りにぴったりのものがあったので、それで腹ごしらえ。
道はほとんど平坦。こんな景色がアメリカ郊外っぽい。
f:id:riruriruhkg:20171112132239j:plain

だけど単調。あまり楽しくない。。
Walker Valleyという街に入った頃から登りに。5~6%くらいの坂が5km弱続く。このエリアは路肩も広く、走りやすい。斜度も大したことないので、まあ頑張れる。
Cragsmoore roadに入るとあと一息。山道感が増すが、斜度はところどころ10%近く、ときどき平らなところもある、といった感じで、まあ、頑張れる。でも、景色が良いわけでもなく、あまり楽しくない。頂上に行けば何か見えるはず、との思いだけで頑張るが、頂上に行っても周りに木が生えていて何も見えない。しかも、なんか普通に人の家が建ってるだけ。

ちょうどその家の人が車で帰ってきたところで、「何か?」的な空気が流れる。。
仕方ないので、Sam's Pointの断崖絶壁に向かうハイキングコースの入り口にある駐車場とレストハウスに向かう。「頂上」よりはやや下ったところにあるが、そちらは観光スポットの入り口なので、もしかしたら何かあるかもしれない(見えるかもしれない)。

。。。
f:id:riruriruhkg:20171112132306j:plain

あああ、歩きだとあそこまで行けるのかあ。。。
ここから先は自転車では入れないことはもともと分かっていたが、あまりに達成感のない目的地。。
しかもハエが多く、トイレだけ借りて早々に退散。

帰りも来た道をほぼ戻る。Walker Valleyのダウンヒルはそこそこ快適であったが、あとは飽きた。

Newburghの街で、近道だろうと思って来たときの道と1本違う道(South St.,Liberty St.)を通ったら、明らかに治安が悪くやばそうな雰囲気。

なんか黒人の乗った車が抜かすときに唾とか吐いていったりして、「おおお、これ通っちゃいけないやつじゃん。。」と思い、全速で通過。ムダに疲労。。

Beaconの駅にたどりついたら、川沿いの公園で夏祭りをやっていた。
こんな感じ。
f:id:riruriruhkg:20171112132543j:plain

結論。Sam's Pointは自転車で行っても、遠いだけ。意味なし。

ちなみに、後日、車と歩きで行ったときの写真。
f:id:riruriruhkg:20171112132559j:plain
f:id:riruriruhkg:20171112132615j:plain

こうでなくっちゃ。。