ワークスタンド

うちに2種類のワークスタンドがあったので、比較記事。

 

1. BB固定型

これ、あんまり見ない形。BBとダウンチューブを載せて、ダウンチューブがずれないようにフックで固定するタイプ。

f:id:riruriruhkg:20170131234536j:plain

①メリット 

 ・地面に脚がついているので安心感があり力を加える作業ができる

②デメリット

 ・私が買ったのは安物だからなのだが、BBを載せるところのカーブが、昔ながらのクロモリのBBブラケットには合うが、最近のカーボンフレームのようにボリュームのあるカーブを描いていると、うまく合わない

 ・部屋が狭いからなのだが、いちいち自転車をどけて、ワークスタンドを広げて、また自転車を載せる、という作業が面倒。こういう手間の有無って結構重要。

 ・折りたたんでも場所をとる。

 

2. ウォールマウント型

シートポストをクランプで固定するタイプ。脚があるタイプが多いが、これは壁に取り付けたアームにクランプがついているタイプ。壁が補強されていることが必要。

f:id:riruriruhkg:20170131234819j:plain

f:id:riruriruhkg:20170131234642j:plain

①メリット

 ・何といっても場所をとらない。使わないときはくるっと回して壁にくっつけておける。

f:id:riruriruhkg:20170131234921j:plain

 ・いちいち自転車をどける必要なく、ひょいっと持ち上げてシートポストに固定するだけ。

 ・クランプ部分は回転するので、好きな角度に調節できる。たとえば、リアディレイラー回りのメンテなら、リア部分を高くして固定することができる。

②デメリット

 ・さすがにぶら下がったり上に乗ったりできないので、強い力をかける作業は心配。

 

まあ、言うまでもなく、ウォールマウントの圧勝。とにかく、メンテしようとしたときに、自転車をいちいちどけてスタンドを広げる、という作業がないのが一番うれしい。

ちなみに、このタイプ、パークツールのPRS-4W-2というのが定番のようだが、これが、2万円くらいする。

ケチったわけではないが、私はX-toolという、まあ間違いなく中国製のやつをCRCで6000円くらいで買った。今のところ全く問題ない。あと、X-toolは、クランプの位置が壁から45cmと、かなり離れたところまで来るのがメリット。たしかパークツールのは33cmだったと思う。壁際にいろいろとモノを置いているので、壁から出来るだけ離れている方がよいのだ。