ロードバイクの保管方法③ 縦置き

ロードバイクを自転車部屋に保管する方法について、以前に、全て自作したなどとうそぶいていたが、今日紹介する方法は自作でも何でもなかった。ごめんなさい。 今日は、直立させて壁に縦置きして前輪部分を壁に固定する方法。自転車を壁に接して直立させると…

ロードバイクの保管方法② トップチューブで壁掛け

ロードバイクの室内保管方法の紹介記事その②。壁掛けを自作し、トップチューブで吊る方法。 先日紹介した壁から斜めに吊る方法は、スペース効率的には非常に優れているが、壁にレールを設置するスペースが必要となること、また自転車の全長と同じだけの幅の…

トラブル事例共有~ディレイラーハンガー曲りによる(と思われる)プーリーのホイール巻き込まれ事案

野猿街道を快調に飛ばしていい気になっていたところ、野猿街道に続く都道20号を左折し橋本駅に抜ける途中の多摩美術大前で、機材トラブルが発生したので、事例として共有。ものごとの途中経過は通常記載しないのだが、再発防止のためにも今回は経過及び状況…

野猿街道

都内から西の方に行こうとする場合、住んでる場所にもよるが、これまでは尾根幹を(いやいや)使っていた。尾根幹は、信号のタイミングが悪いことは我慢するにしても、アップダウンがあるので、トレーニングにはいいが、ロングライドの序盤戦にこれがあるの…

ロードバイクの保管方法① 斜めに壁掛け

ロードバイクの室内保管方法をご紹介する。 今日は、壁に斜めに吊り下げる方法。斜めに吊ることによって、2台の自転車をオーバーラップして上下に配置することができるので、部屋の下方のスペースを犠牲にせずに2台置くことができる。 なお、壁が全壁補強さ…

自転車部屋のこと

幸運にも自転車部屋兼書斎というものを持てる環境にある。ただしすこぶる狭い。計算したらネットで6㎡しかない。この約半分を書斎スペースに、残り半分を自転車スペースにし、その3㎡程度の自転車スペースに5台の自転車を保管しているのだから、我ながら呆れ…

Fondriest シフトレバー交換

最近はサイクリストとしての実稼働日数が少ないうえ、日記的なことは基本的に書かない方針なので、私の記事はリアルタイムのものはほとんどなく、過去の蓄積をぶちまけるだけのことが多かったが、今日は久々にパーツ交換したため、リアルタイムの記事を書こ…

パワーメーター① 何のためのものか

ロードバイクに乗りたての頃は、パワーメーターなぞ遠い存在だと思っていた。何たって高いもん。が、自分が出している動力を計測できるなんてなんて素晴らしいんだろうと思っていた。 2012年頃の円高時、Chain Reaction Cyclesという英国通販業者の大幅値引…

Fondriest Megachrome

保有バイク紹介記事。今までで一番役に立ちません。なぜなら、多分持っている人がほとんどいないバイクだから。 以前乗っていた街乗りバイクは深谷産業のギザロの古いクロモリバイクであった。ギザロはもちろん悪いバイクではないのだが、サイズが460とさす…

自分でするホイール組み② 手順と考え方、これまで組んだホイール

ホイールを組む際の概ね手順と考え方は以下の通りであろう。図解・写真入りで丁寧に説明できないことをご容赦いただきたい。 ホイール組みの手順と考え方 1. 組み方の検討 ①どういうホイールを組むかの検討。ヒルクライムを念頭においた軽量ホイールか、エア…

自分でするホイール組み① 必要なモノ

今日は手組ホイールについて書いてみたい。 速く走るために必要なのは、ポジショニングとかペダリングスキルというベーシックなものがクリアーになっているという前提ならばトレーニングをおいてほかにない。やれコンポだエアロパーツだといった装備は、野球…

道具はケチらず~そうは言っても自作できる工具について

実はあまり自転車屋(「ショップ」とか言うのか、今風には)にお世話になったことがない。CAADを買ったのは米国の「ショップ」だったが、CAYOはJenson USAから通販購入だし、あとのはヤフオクまたはE-bayで調達した中古フレームもしくは中古車。フレームから…

片倉シルク R2

保有バイク紹介記事。役に立ちません。 片倉シルク、自転車乗りとして一度は手に取って、できれば自分のモノにしたい自転車だとずっと思っていたのだが、R2の初期型(おそらくR2-4と思われる)がヤフオクに出品されていたので、購入。買う前から乗らずに飾っ…

冬の1泊ロングライドからの教訓③ 走り方編

正月はヒマなので、続けて書くことにした。ロングライドからの教訓めいたことその③、走り方。 走り方編 1. こいでいればいつか着くが、こげなくなってはおしまい。よって、ロングライドでの走り方はトレーニングでの走り方とは全く別物と考える必要あり。以…

冬の1泊ロングライドからの教訓② ルート選択編

年末に実施した冬の1泊ロングライドからの教訓めいたものその②。ルート選択編。 [当初予定ルート] 1日目~都内→尾根幹経由橋本→津久井湖→相模湖からR20→笹子峠→甲府→韮崎(約150km) 2日目~韮崎→野辺山→佐久→碓氷峠(旧道)→横川(約100km)(横川から輪行…

冬の1泊ロングライドからの教訓① 装備編

以前に、「ロングライドなんかやらない」「ロードバイクでどこか遠くに行くとか興味なし」みたいなことを言っていたのだが、ごめんなさい。ひょんなことから冬の1泊ロングライドに行ってきてしまった。 これまで最長でも都内→裏から和田峠→都内のせいぜい120…

ヒルクライムの準備的なトレーニング

最初に断っておきたいのだが、私はヒルクライムの選手でもなんでもないので、その筋の方は、素人が戯言言っておるわと読み流して頂ければ。 都内に住んでいると、何kmも続くような坂というのはなかなかない。五反田駅前の国道1号線なんかは結構いいんじゃな…

ローラー台トレーニングの悩み ②退屈 ③暑さ

ローラー台トレーニングの悩みは、騒音のほかにもある。死ぬほど退屈だということと、死なないけど暑いということである(このお題、早く終わらせたいので2つまとめて書く)。 周りの景色が変わらないなか黙々とペダル回転運動を続けているわけなので、言っ…

ローラー台トレーニングの悩み ①騒音

何かといえばトレーニングはローラー台で、というのを私は主張しているわけだが、ローラー台にもいろいろと問題点がある。最大の問題は騒音である。 ちなみに私は3本ローラーは持っておらず、固定ローラーのみであるが、3本ローラーの方がさらにうるさいらし…

ロードバイクでの公道走行

トレーニングの観点では公道実走よりもローラー台の方がよほど効率的であるし、ロードバイクにまたがってどこか遠くに行ってみたい、ということにもあまり関心がないので(だったら何でロードバイクを趣味にしてるんだ?という突っ込みは承知のうえ)、人に…

LTHRを基準としたトレーニング

ロードバイクは心肺能力と筋持久力のスポーツであり、典型的な有酸素運動系のスポーツである。長時間持続可能な最大の運動強度というのは、前に書いた通り、LT(Lactate Threshold)となる強度であり、これは有酸素によるATP生成に加え、消費量とつりあうレ…

Focus CAYOというバイク

保有バイク紹介記事。大して役に立ちません。 Focus CAYOというバイクは、真面目そうなつくりで随分前から気になっていたのだが、2011年ころにWiggleでたたき売りされたことでブランド価値がいったん地に堕ちた。 2015年、忘れたころにJenson USAという米国…

LTHR の計測

LTHR(Lactate Threshold Heart Rate)は、急激に血中乳酸濃度が上がるポイント(Lactate Threshold)における心拍数であるので、正確にはラボに行かないと計測できないわけだが、心拍計から便宜的に推測することができる。 推測方法はいくつかあるが、一番…

ATPの生成とLT(Lactate Threshold)

盆栽のようにロードバイクを飾っているだけの人間がトレーニングについて語るのはおこがましいことこの上ないが、一応2年前くらいまでは、それなりに体系だったトレーニングをしていた(こともある)ので、少しくらいは書いてもよかろうと思う。 ロードバイ…

児玉フレーム

児玉フレームの固定ギアを持っている。80度を超えるようなシートチューブ角を持つフレームで、今は亡き児玉広志選手が好んで用いたのでそう呼ばれる。速いらしい。伸びが違うらしい。しかし重心が前になり横方向のバランスが悪くなるので、落車が多くなるら…

固定ギアに乗るということ

写真はウメザワの競輪フレームで組んだ固定ギアバイク。見てのとおりシートポスト角が異常におっ立っている、いわゆる児玉フレーム。 固定ギアとかピストとかトラックレーサーとかいろいろな呼び方があるが、要するにリアハブにフリーがついていない自転車で…

CAAD9 - アルミロードを軽くする話

CAAD9を7kgまで軽くした話。もう自己満足以外の何物でもないね。 もともとは105を基本とした、超典型的なエントリーアルミロード。過去の記録によると、デフォルト状態で8.2kgだったらしい(ペダル除き)。ここから、ステム以外はことごとく換装、ペダル除き…

アルミフレームという選択肢

いまだにCAAD9に乗っている。2010年に買ったので丸6年。最初のロードバイクということもあり、いじり倒して軽量化したこともあり、最後のMade in USAということもあり(米国製造だから優れているとはちっとも思わないが)、手放せずにいる。 カーボン全盛の…

自転車遍歴など

一応ロードバイクに関する話題が多くなりそうなので、物心ついてからの自転車遍歴を書いておこう。物心つくのは遅く、だいたい35歳くらいだったと思う。現役モノについてはいずれ詳しく触れるときが来よう。1. Trek FX7.2(退役)(2008-2011) これはクロス…

はじめに

人生、決して暇なわけではないが、どうしようもなく手持無沙汰になると、ブログでも始めようかという気になる。これで3回目。いつまで続くか分からん。プロフィール。1973年生まれ。男。東京都出身東京都在住。普通の勤め人。普通に土・日が休み。家族は妻、…