中学生素人との試乗

前回書いたように、夏休みに私と長男(中1)で自転車旅行に行くことを企てている。先日購入したTrek FX で早速練習、と思っていたのだが、サッカーやら学校のテストやらでしばらく乗れずにいた。それでもまずはお隣のコネチカット州まで30kmほどの距離を試乗…

Trek FX ~ 中学生の長男の自転車

何か中1の長男が、夏休みに親父と一緒に自転車旅行に行きたいと言い出している。 まじか。 今の時点で実現するかまだ不明ながら、それに向けた出来事シリーズを書いていこうかと思う。もしかしたら同じような家庭の参考になるやもしれぬ。本日は自転車購入編…

Ridley Noah Fast レビュー(なんちゃって)

Noah Fast、購入後実は全然乗っていなかった。ZwiftトレーニングはCAADでやっていたし、レースもクラッシュが怖くて(そしてNoah Fastで遅いのが恥ずかしくて)CAADで出ていた。 ※ちなみにFocus Cayoに至っては、NYに持ってきたものの、昨年6月の「渋峠越え…

パワーメーター② - それでもPowertap

今回、Noah Fast用のパワーメーターとして何を導入しようか、少しだけ考えたが結局またしてもPowertapにした。ここで言うPowertapとは、オーソドックスなハブ式のやつのことである。 これだけ各社がパワーメーターを販売しているなかで、なぜまたPowertapな…

3T Aeronova stealth team

Noah Fast のハンドルバーを早速替えた。エアロフレーム、エアロホイールならやっぱりハンドルもエアロバーかな、と。名著「ロードバイクの科学」の26ページに描かれている図を見ると、断面が円柱である物体の空気抵抗が笑っちゃうくらい大きいのが分かる。…

レース前日・当日のこと

ほぼ毎週~2週に1度の頻度でProspect Parkで行われているレースでは、相変わらずスプリント力がなくくすぶっているので、もはやブログでの報告に値しないのであるが、レース前日・当日に気をつけているルーティンを書いておこうと思う。勝てもしない奴が何を…

CAT5 race 出場

日曜日に草レースに出場。 米国のレースは、前にも書いたように、レベルに応じてCategory 1〜5 に分類されており、Category 5 (CAT5) がBeginner クラスで、ライセンス登録すれば一応誰でも出られる。ポイントを重ねるとCAT4に上がれるようだが、上がれると…

HEDホイール(ようやく)到着 - Ridley Noah Fast

Noah Fast のフレームが到着してから1ヶ月、Mybikeshop に注文していたHED Jet plus 6がようやく届いた。 遅い、まだか、と何回かメールを送っていたが、「HEDは注文を受けてから組み始めるのよ。それに今回Powertap 付だから時間がかかるのよ」という突っ込…

ISPカット - Ridley Noah Fast

Noah Fast のシートポストはISP(Integrated Seat Post) 、即ちフレームと一体になったシートポスト。普通のシートポストのように抜き差しで高さを調節することは出来ず、フレームそのものを丁度いい長さに切断したらそれっきり。後はスペーサーで2〜3センチ…

新車導入(旧車だけど)- Ridley Noah Fast

2015年春に Focus Cayo を導入して以来、新車を購入していなかったので、そろそろ欲しいなと思っていたところ、掘り出し物を見つけたので衝動買い。1. 車種選択 CAAD、Cayo ときたので、次はもう少し上のグレードを狙っていた。但しカネはない。 また、これ…

Zwift始めた→やっぱ固定ローラー欲しくなった

NYの冬は寒い。雪も降る。うちの近くは道路も悪くムダにアップダウンがある。 とても実走する気にならないので、Zwift始めることにした。1. Zwiftやるときの機材構成 自分の場合は以下の機材構成で始めた。 ・自転車:Cannondale CAAD9 ・ローラー台:JetBla…

NY Ride - 自転車で行っても意味のないSam's Point

久々の投稿過ぎますね。一応生きてます。家族の受入れと生活の立上げでほとんど乗れなかったのと、そこそこ仕事も忙しく、ブログ更新する時間がなかなかとれなかった。 今回投稿するRideも、行ったのは8月の話。。前回行ったBear Mountainに続き、ロクな山が…

NY Ride - Bear Mountain それとNYの輪行事情

NYに来て1週間。せっかく自分と一緒にCAADを持ってきたので乗らねば。山がねえなあ、と思いながら地図を見ていたら、Bear Mountainというのを発見。マンハッタンから60kmくらいハドソン川を遡ったところ。等高線をみると1200とか書いてあるので、標高1200mの…

ロードバイクを飛行機で送る一部始終

NYへの転居に伴い、ロードバイク2台を連れていくことにしたが、2台とも引越荷物で送ると会社の許容上限を超過しそうだったこと&着いてすぐに乗りたい(乗りたくなるかもしれない)ことから、1台は自分と一緒に飛行機に載せていくことにした。所謂飛行機輪行…

NYに転居します

会社の異動でNYに引っ越すことになったので、ご報告。 本来、自転車に関係のない個人的な事柄についてはブログに書かない方針であるが、今後の記事内容に影響を与える事象のため、お知らせするもの。 6月頭に渋峠越えをやって以来、準備に忙しく、ブログ更新…

本州横断して日本海まで行ってきた(渋峠経由)その②

さて、いよいよ今日は渋峠越え、そして日本海まで。初日は200km超走った割にこれといった華もなく、向かい風の中をただただ我慢して進むだけだったが、今日はメインイベントが2つ。わくわくどきどき。 早速出発。3. 草津 - 渋峠 草津から6kmほどの殺生河原ゲ…

本州横断して日本海まで行ってきた(渋峠経由)その①

いつかやってみたいと思っていた本州横断で日本海まで行ってくる企画。なんとか梅雨入り前に実行したかったのだが、珍しく月曜日に有給がとれたので、日・月で行ってきた。1.ルート選択・ルートプラン 東京から日本海まで本州横断するとなるといくつかのルー…

時坂峠 - 鋸山林道

しばらくブランクがあったので、今日は短めのライド。時坂峠と鋸山林道。本当は時坂峠の前に八王子側から入山峠を越えようかとも思ったが、実力比調子に乗り過ぎなので、やめておいた。戦略は、①とにかく補給が命、②登山口までは決して疲れない、の2点。とり…

NY自転車事情 - citi bikeほか

海外出張とその準備等で全く乗れず、更新が滞った。 出張でニューヨークに行ってきてこんなものを見つけたので紹介。 バイクレンタルシステム Citi-Bike カーシェアリングならぬ、バイクシェアリングシステム。 マンハッタンのあちこちに写真のようなバイク…

Di2がトップに変速しないトラブルの解決

稀なケースかもしれないが、シマノの電動シフターDi2のトラブル事例と解決法の共有。先週の都民の森ライドでバッテリー切れを起こしローから3枚にシフトしなくなったDi2(アルテ6770)であるが、無事に(当たり前だ)充電を完了。念のため改めてシフト具合を…

都民の森

12-25Tに換装し、走りながらスマホで道順まで確認出来ちゃうトップチューブバッグを搭載して調子に乗った私がGW最終日に向かったのは都民の森(ヒルクライム初心者の私は、これまで都民の森にすら行ったことがなかったのだ。。)。出発前の心情。 ①斜度は10%…

トップチューブバッグ - Zefal Z-Console Front Pack M

トップチューブとヘッドチューブに取り付けるバッグを購入した。尾根幹だのランド坂だの決まったところばかり走るトレーニングをやっている分には全く問題にならないのだが、初めての道を走るロングライドとなると、いくらルートラボを頭に叩き込んでいたと…

12-25T導入 - これは衰退ではない、進化への一歩である。。-

簡単に言えば、坂を上れないのをリアカセットのせいにしていた男が、だったらカセット変えてみろよという内なる声に逆らえず、これまで意地でも固執してきた11-23Tから12-25Tに換装し、自ら退路を断つ話。 ちなみにフロントはとっくのとうにコンパクト(50-3…

GIRO Monzaのパッドキット

ヘルメットはGIROのMonzaという、わりと普通のを使っているのだが、内側に貼ってあるパッド、これを毎回洗濯するわけだけど、洗って干しているうちに、右・真ん中・左とあるうちの左を失くしてしまった。かれこれ左のパッドなしで2年ほどになる。。なくても…

多摩川サイクリングロードー入山峠ー浅川サイクリングロード

坂が苦手なのを克服するため、まずは軽めの(と言われている)入山峠に行ってきた。 数々のブログでも、初心者でもオケー、景色最高、と評判が良い。どちらかというと八王子側から上る人が多いようなので、私は五日市側から行ってみようと思う。 家からだと…

連光寺坂-尾根幹-新ランド坂

読者の方の参考にはあまりならないのだが、本日の夜ライド。普段は平日夜に乗るとしても、連光寺坂を上って帰ってくるだけ(約36km)なのだが、行って帰ってくるだけじゃ流石に物足りなくて、連光寺坂上を左折して尾根幹に出て東進して下り、矢野口の手前か…

大容量サドルバッグレビュー① - Everbike

前回、選びに選んで、悩みに悩んで購入したEverbikeの大容量サドルバッグ。 theresalight.hatenablog.com「Everbikeのサドルバッグ」とか普通に言ってるけど、なんだそりゃって感じであろう。 そりゃそうだ。そこそこ使えそうで、しかも絶対に人と被らない大…

今度こそ ー 大容量サドルバッグの検討

前々回、大容量サドルバッグを検討した結果、TopeakのBackloader 10Lというのに決めたという話をした。 theresalight.hatenablog.com ところがTopeakのこの製品、納期が6月末ということが判り、そんなん待てるわけないので、結局キャンセルしもう一度選び直…

大容量サドルバッグの検討 - おまけ

大容量サドルバッグを物色した結果、なんのことはない一番安いTopeakのBackloader 10Lを試すことにしたわけだが、通販で購入してしまった後に興味深いサイトを見つけたので紹介。bikepacker.comここのリストにあるように、大容量サドルバッグってこんなに沢…

大容量サドルバッグの検討

1泊ロングライドをまた実施するかどうか極めて不明ではあるが、年末に1泊ロングライドをやった際にはバックパックを背負っていった結果、腰に多大な負担がかかったため、大容量サドルバッグを物色することにした。 検討のポイント 1.容量と重量 本州一周する…