読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lezyne Super GPS レビュー 

ガジェット

新しいサイコンであるLezyne Super GPSが届いた。日曜日の夜に届き実際の使用はまだなので、一旦プレリミナリーなレビュー。

面倒くさがりなので、「届きました!」とか「開けてみますた!」というような記載は省略。

1.第1印象-小さい・分厚い・重い
いきなりネガティブインプレッション。ん、何?こんなちっちゃいの?Powertap Jouleと変わらんじゃん、というのが第一印象。
f:id:riruriruhkg:20170307014212j:plain
で、なんでこんなゴツゴツしてて分厚いの?
でもって重い。しかし、カタログ値76gなのに測ったら64gだった。なんかいい加減だな、アメリカ人。
ちなみにPowertap Jouleは44g、Cateye v3は30g。持った感じのJouleとLezyneの差はかなりある。やべえ、なんか重いの買っちゃった、という気分。まあでも、Garmin Edgeなんかは100gコースだから。と思えば、まあいいか。

2. センサーのペアリングは何ら問題なし
書いたそのまま。Powertapのパワーメーターと、同じくPowertapのスピードセンサーと、Cateyeの心拍モニターをペアリング。何ら問題なく終了。

3. 表示項目数はギリギリ許容
Lezyne Super GPSの項目表示は、1ページあたり2~4項目、最大5ページ。ページ内での項目の選択や配列には特に制約はない。
しかし、1ページ最大4項目というのは、実用に耐えるギリギリの線。
f:id:riruriruhkg:20170307014239j:plain
私は4項目×4ページにしたが、
①速度、心拍、時間、距離 ~パワーを気にしないロングライド用
②パワー、心拍、時間、距離 ~パワートレーニング用
③パワー、勾配、心拍、距離 ~登坂時用
④距離、標高、温度、時刻 ~置かれた環境の確認用
という感じ。
せめて時刻くらいは常時表示項目として欲しかった。
この点、最後まで迷ったBryton Rider330の方が断然優秀。

また、こうした項目の選択がPCでできずサイコン本体でしかできないのはやや不便。
逆にPowertap JouleはPCでしかできなかったが。。


4. GPSはなかなかの精度

ちょっと家の周りを走って戻ってきたのだが、無料アプリであるGPS Rootにデータをアップロードすると、走ってきたコースが地図上に極めて正確に表示された。GPSに興味ないからよく分からないのだが、普通こんなもん?

5. アプリはしょぼい
データは無料アプリであるGPS Rootにアップロードするのだが、表示・分析項目がしょぼ過ぎる。
PowertapのアプリであるPowerAgentでは普通にピークパワーの分析や、心拍ゾーンごとの走行データなどが、記録・表示されたが、GPS Rootでは下の写真のようなグラフと極めて基本的なデータの表示のみ。
f:id:riruriruhkg:20170307014258j:plain
f:id:riruriruhkg:20170307014309j:plain
これではパワートレーニングしている意味が全くない。

ちなみに、同じfit形式のファイルなので、Lezyneのデータを試しにPowerAgentにダウンロードしてみたが、ライド時間がゼロとなり上手くデータが表示されなかった。他の無料アプリの活用も含めて要研究。


いろいろ書いたが、とりあえずは使えそうな感じ。
次の週末にまともに乗って使ってみて、何か伝えるべきことがあれば追加レビュー記事をかくことにする。

自転車・パーツの調達先 -  国内・海外通販、アマゾン、ヤフオクなどなど

前にも書いたがいわゆる「ショップ」というところに世話になったことがない。
近くにないし(たぶん、ない)、店に出入りする時間もない。
1台目のロードであるCAADだけは家のそばの自転車屋で買ったが、それっきり。
2台目のCayoは通販だし、あとは全部中古。で、次に欲しい新車はCanyonだったりする。

で、パーツも含めて基本的には通販で調達しているのだが、海外通販も含めて調達先のレビューをしておくことは、多少なりとも参考になるかもしれない。

調達先 発送 品揃え 価格 使い勝手等 総合評価
海外通販 CRC A B A A A まずはここにあたる
Wiggle B B- A A- B 品揃えやや難あり
Bike24 B A A- A A- 一律20€かかるのが難点だが品揃え良
Jenson USA B B B A B モノにより
Evans C B A A B- モノにより
Tweeks B B A B- B- モノにより
国内通販 Amazon S B B A A 直ぐ欲しいものはここで
あさひ D B C C C 忘れた頃に届く
タキザワ C B C C C 辛うじて覚えている頃に届く
オークション ヤフオク - - - - B 中古はまずはここで
eBay - - - - B ヤフオクに出物なければ。フレームは日本より割安

<解説>
CRC:全体のバランスがとれている。発送も、通常、注文の当日または翌日には発送される。一番多く利用しているが、これまでこれといったトラブル等はなし。以前ほど、バカ安のものは少なくなったが、それでも国内で調達するより安い。日本語対応あり。何かを買おうと思ったら、まずはここにあたる。

Wiggle: 英国系通販の草分け。当初はCRCよりも高名だったが、それほど安くない、品揃えがいまいち、なのであまり利用していない。日本語対応はあるので使い勝手はワンノッチ上げたいところだが、商品検索した際に、特に複数語で検索すると、前半だけ合致するものが大量にヒットする点が使いにくい。日本語サイトのフォントがいけてなくて、それで買う気が少し失せる。

・Bike24: ドイツの通販サイト。とにかく品揃えが多い。Giro Monzaのヘルメットの内側のパッドを1枚失くしてしまったのでどうしようかと思っていたが、ここには売っていた。何をどれだけ買っても19.95ユーロかかるのが難点。ここにしかないもの、ある程度価格が高いもの、まとめ買いをするとき等には使える。日本語対応はない。

・Jenson USA: 米国の通販サイト。正直、他のサイトで時々やっているようなバカ安セールはないが、たまに掘り出し物や、ここにしかないものがある。ある程度以上で送料無料になるということもないので、あまり使わない。私のFocus Cayoはここで買った。何かあったときのコミュニケーションは極めて良好で、信頼できる。通販サイトの中では、一番「自転車屋」らしいところ。

・Evans:特段の特徴はないが、CRCWiggleより多少安いときもある。一応購入実績があるのは、そういう場合だったのだろう(正直、あまり覚えていない)。過去2回利用したが、2回とも注文から発送まで3、4日モタモタしてた。

・Tweeks:Evansと同様。最近買ったサイコンであるLezyne Super GPSはここが最安値だったのでここで買った。サイトの使い勝手は、検索結果をドロップダウンリストで選択する形になっており、正直言って使いにくい。Trackできる発送方法を選んだのに、運送会社のTracking numberを知らせてこなかったり(わざわざ聞いたらすぐ教えてくれたけど)、ちょっといまいち。

Amazon:当日・翌日届くものがあるので、急ぐものでアマゾンで買えるものはここで買うことが多い。ただし品揃えは専門系通販に比べれば当然劣る。

・あさひ:そもそもサイトが在庫情報と連動していないとか、やる気がないとしか思えない。最近使っていないので分からないが、忘れたころにようやく届く。たしかHPにも「うちは届くの遅いですが何か?」的なことが書いてあった(今は知らないけど)。シマノスモールパーツとか、日東のハンドルバーとか、海外通販で買えないものを仕方なく買う(ヤフオクで出てればもちろんそっちに行くけど)。

・タキザワ:これも在庫と連動していない。クレジットカードで決済しようとすると、カード会社からわざわざフォームが届くとか、いちいち面倒(今はさすがに改善されたのだろうか)。あさひに比べて、少しでも早く発送しようという努力の形跡は認められる。ただ、これもここでしか買えないものを買うときしか使わない。

ヤフオク:中古品は、フレームでもパーツでもここにあたる。今のところ大きなトラブルにあったことはない。ただ、カーボン製品など繊細な扱いが求められるようなものは買わない。

eBay:クロモリフレームはヤフオクで買うとムダに高いので、日本までの送料を含めてもeBayの方が安いことが多い。品揃えも多い。パーツ類もかなり出品があるが、日本に発送不可のものも実は結構多いので、あまり使っていない。


<結論>
日本の通販は、残念ながら納期・使い勝手ともに劣るので、ほとんど使っていない。
まずはアマゾン、CRCをあたり、他の海外通販も一応みてそちらの方が安ければそっちで買う、というのが基本行動。

以上

CAT5 Race - 米国の草レースの話

レース

5年以上も前だが、米国で何度か草レースに出たことがある。今日はその話。

米国のレースは、CAT(Categoryの意味ね)1~5まで分かれていて、
CAT5: Beginner
CAT4: Intermediate
CAT3: Expert (なんだよ3でもうExpertかよ。。)
CAT2: Semi Pro
CAT1: Pro
となっている。

このうちCAT5は、何十ドルか払ってライセンス登録さえすれば誰でも出場できる草レース。と言っても、もちろんロードバイクじゃなきゃダメだし(ダメとは書いてなかったかもしれないが、実質ダメ)、集団走行ができないとしょっぱなから置いていかれてダントツビリ決定になるので、それなりにトレーニングは必要。

距離は大体30km~40kmなので、集団走行していれば40~50分で終わるレース。
NYではCentral ParkやProspect Parkでほぼ毎週行われている。朝6時スタートとか、人がまだ少ない時間帯で。
Central Parkのレースは、サイクリングコースを横切る横断歩道があってそこの信号をぶっちぎってレースをやっていることが問題視され、NY市警が取り締まるぞ、と警告してから、行われなくなった。今はどうなっているか知らないけど)

初めて出たCAT5レースは、2010年の8月にコネチカット州のHartland というところで行われたTokeneke Classic。貯水池の周りを1周する35kmのレースで、結果は64人中56位というほろ苦デビューであった。
その後もCentral ParkやProspect Parkでやるレースに何回か出たが、最高順位は11位、その後日本に帰ってきてからは結局レースに出る機会もなく、だんだんとトレーニングもしなくなって自転車鑑賞家になるに至る。ま、最近は少し乗り始めたけど。

米国のレースのいいところは、家の近くの公園(といっても車で30~40分かかるけど)で毎週のようにレースが行われていること。代々木公園や駒沢公園でレースやってるような感じ。だけど、公園コースは基本的にフラットなので、ゴール直前までほとんど差がつかない。特にCAT5だと誰もアタックしないし。で、結局終盤の位置取りとスプリントで決まるという展開。

動画を見つけた。私が11位となったレースです。
www.youtube.com

朝食と行動食と - 理想の補給食を求めて

ロードバイクに乗る時は、カロリー摂取を十分にすることが極めて重要。
しかし、大量の食料を運ぶのは重量も重くなるし体積も嵩張る。
したがって、ライドに出かけるときはまずは出発前に十分にカロリーを摂取しておくとともに、ライド中はいかに効率的にカロリー補給ができる行動食を持参するかがポイント。

補給食を選ぶ際のポイントは以下の3点。
1. 短時間で補給できる
2. 携帯性に優れる(軽い、かさばらない)
3. 価格が安い

※出発前の朝食であれば2は気にしなくていい。

朝食
朝食のポイントは、短時間で多くのカロリーが摂取できること。それからできるだけ安く済ますこと。
そこで、想定される朝食メニューを、時間(摂取にかかる時間)あたりのカロリー、価格あたりのカロリーで比較してみた。ちなみに、「食べるのにかかる時間」はかなり適当。

品目 カロリー 食べるのにかかる時間 値段 1秒あたり摂取可能カロリー 1円あたりカロリー
バナナ 80 10秒 30円 8 2.7
アンパン5個入り 500 75秒 100円 7 5.0
ゼリー飲料 180 7秒 100円(安売) 26 1.8
ランチパック(シュガーマーガリン) 406 40秒 100円 10 4.1
おにぎり(ツナマヨ 200 20秒 110円 10 1.8
ゆで卵 92 10秒 20円(自分でゆでる) 9 4.6
チキンクリスプ 358 30秒 100円 12 3.6

食べやすい(飲みやすい)のはゼリー飲料が圧倒的だが、値段あたりのカロリーが小さい。最近はスーパーで98円とかで売っていることもあるが、基本は200円弱で180kcalなので、1円あたり1kcalしかない。これは、ファミレスとかで人に調理してもらって運んでもらって場所まで提供してもらって食べる場合の値段に近い。
値段当たりのカロリーということでいえば、コンビニで売っている5個入り100円のアンパンやチョコパンがよい。私の調べによれば、値段あたりのカロリーが高いのは菓子パン類であり、1円あたりのカロリーは最高で5程度。シナモンロールとか、砂糖塗りたくったシュガーデニッシュ系も高カロリー。
寝起きの時間に食べやすいのは、個人的には「ランチパック」シリーズ。ピーナッツバターを愛用していたが、今調べたら、シュガーマーガリンの方が高カロリーだった。
早朝に起床してどのように入手するかという問題はあるが、マックのチキンクリスプも意外に健闘。
おにぎりは意外と成績が悪い。やはり砂糖が含まれている方が多くのカロリーを摂取できるということであろう。
バナナも意外とカロリーが低い。食べやすいがバナナでおにぎり1個分のカロリーをとるには2.5本食べなくてはならない。
ゆで卵は自分で調理すれば、単価あたりのカロリーは高いが、3つも4つも食べるわけにはいかないので、主食にはならないか。

結論。好みの問題はあるが、私はランチパックを愛用。ちゃんとこの後エネルギーとして使うのだから、糖分がたっぷり入ったものを食べるのが吉。アンパン5個入りはやや飽きるか。

行動食
行動食の場合、値段もさることながら、携帯性を重視すべき。
よほどの田舎に行くのでなければコンビニで適宜の補給が可能とはいえ、ロングライドではやはり幾分かの行動食は携帯するわけなので、軽くてかさばらずかつ高カロリーのものという観点が重要。

品目 カロリー 重量 値段 gあたりのカロリー 値段あたりのカロリー
ゼリー飲料 180 194g 100円(安売) 0.9 1.8
羊羹 167 60g 60円 2.8 2.8
カロリーメイト(1本) 100 20g 40円 5.0 2.5
スニッカーズ 247 53g 120円 4.7 2.1
ブラックサンダーダークマター 303 56g 100円 5.4 3.0
カントリーマアム(1枚) 55 11.6g 18円 4.7 3.1
キットカットバー 215 39g 100円 5.5 2.2

ゼリー飲料は数字上の成績は悪いが、圧倒的な摂取しやすさがあるので、ジャージポケットの左右に1つづついつも持って行っている。
羊羹もあまり成績がよくないが、適度な水分があり疲労時にも食べやすい。gあたりのカロリーで並べてみたが、1つでまとまったカロリーが摂取できるということも重要なポイントだと思うので、その意味で羊羹は重要な行動食だと思う。
カロリーメイト以下は似たり寄ったりの成績。ブラックサンダーダークマターは1つで300kcalというのは魅力的な数値。
カントリーマアムは、登山の世界では行動食として有名だが、自転車の場合、歩きながらチビチビ食べるわけにはいかないので、やはり1つである程度まとまったカロリーが取れることを重視するべきかと思う。
キットカットバーは、実際、冬以外は溶けて大変なことになるので、実用的ではない。
なお、いわゆるパワーバーのようなものは、個人的にはあまり好きではない。開発にコストがかかっているので値段が高い割には180kcal程度しか摂取できない。味もいまいちで、成分が凝縮されているので基本的に硬めで、疲労時にはなかなか受け付けない感じ。
 今後も、意外なもので高カロリーな「優秀な行動食」を探していきたい。

I'll be your mirror - ミラーの話

ガジェット

以前はロードバイクに乗る時にミラーなんか持たなかった。とにかく走るのに最低限必要なモノだけを装備し、一番小さいサドルバッグにタイヤレバーとパッチ、マルチツールだけ入れ、携帯ポンプをジャージのポケットに放り込んで、走り出して行った。
齢を重ねるとともに人間は安全志向になり、今や、ツールボトルに工具を一式そろえ、予備チューブに輪行バッグまで括り付けて万全の態勢で走るようになってしまった。で、最近はとうとうミラーまで装備。マジこぎトレーニングに精を出していた面影やいずこ。。

ミラー。あればあったで便利。でもなくても構わないと思う。家をでて数キロのところでミラーを忘れたことに気づいても、取りに戻ったりはしないだろう。
家には2種類のミラーがある。ヘルメット装着型と手首に付けるタイプのもの(RearViz)。
この2種類だけじゃ大した比較にもならないが、一応ミラー論議。

f:id:riruriruhkg:20170301020949j:plain
f:id:riruriruhkg:20170301021033j:plain

ミラーを選ぶ際に重視するポイントは以下。

1.自転車には手を付けない
やっぱり、どことなく格好悪いものという意識があるので、自転車にはミラーをつけたくない。また、実用上の理由として、乗るバイクを替えるたびにミラーを付け替えるのが面倒というのもある。
したがって、バーエンドキャップについているミラーは選択の対象外。
自転車につけないとなると、人間につけるほかない。私の知る限り、人間につけるタイプのミラーは3種類。腕(手首)、ヘルメット、サングラス。ヘルメットとサングラスはおそらく同じような使い勝手と推測する。

2.視線の移動が最小限
これは結構大事なポイント。自転車の運転というのは、クルマ以上に前方への集中が必要だと思う。なぜなら、路面状態に常に気を配る必要があるから。その点、RearVizは、視線の移動がやや大きい。普通に平坦路を走っている際は、また慣れた道を走っている際はそれほど気にならないが、この前、篭坂峠から御殿場への下りを走っているときは、速度も出ていたしカーブもあるのでこの視線移動がかなり危険に感じた。なお、バーエンド型のミラーの場合、さらに視線移動が大きくなると思われる。
ヘルメット装着型の場合、視線移動は最小限で済む。私がヘルメット型を買ったのも視線移動の小ささを求めてのこと。

3.乗っているとき以外の行動への影響が最小限
自転車につけるタイプであれば、乗っているとき以外の行動への影響はゼロ。
人間につけるタイプだと、この影響を考える必要がある。
その点、RearVizは、コンビニに入ったり輪行で駅構内に入ったりするときに、忘れずにたたむ必要がある。これ、最悪の場合、ミラーマンとして痴漢扱いされるリスクがある。ただし、これまでの経験では、ミラーを出した状態というのは自分でもかなり目立つというか違和感のある状態なので、仮にたたむのを忘れたとしても、右手を使って何かをするというプロセスが一回でも入ればその時に気づく可能性が高いと思う。
問題はヘルメット装着型。とにかくヘルメットから棒状のものが飛び出しているので、ヘルメットを脱いだ瞬間、扱いに途方に暮れることになる。ヘルメットとミラーはマジックテープで止めてあるだけなので、そこから外そうと思えば外せるが、①外したところでこの棒状のものをどうするか、②マジックテープは両面テープでヘルメットに接着してあるが、一般に両面テープよりもマジックテープの方が接着力が強いので、マジックテープのところで着脱を繰り返していると早晩両面テープが剥がれることが予想される、といった問題がある。
ただ、輪行時を例にとれば、輪行バッグのベルト部分にヘルメットをぶら下げておく分には、ミラー付きヘルメットよりも輪行バッグの方がよほど大きいので、列車内で特段邪魔になることはない。しかしこの場合もまたミラーマンリスクがあることを忘れてはならない。

総合的には、自転車を下りたときの始末の悪さはあるものの、ヘルメット装着型の方が視線移動が小さくて済むという点でよいかもしれない。
また、RearVizは、たかがこれだけの鏡で4000円くらいするというのも気に入らない。