中学生素人との試乗

前回書いたように、夏休みに私と長男(中1)で自転車旅行に行くことを企てている。先日購入したTrek FX で早速練習、と思っていたのだが、サッカーやら学校のテストやらでしばらく乗れずにいた。それでもまずはお隣のコネチカット州まで30kmほどの距離を試乗したので、そのときのこと。自転車ド素人の中学生とのライドで思ったこと、という内容かな。

ちなみに私は、1番楽なFocus Cayo で出走。

1. 走る順序
当然ながら常に大人が前を走る。ノーディスカッション。危険察知、ドラフティングの観点で。前を素人に走られて急ブレーキかけられてもたまらないし。

2. 手信号と一般的注意点の示達
手始めに手信号を教える。特に、「止まるぞ」「ここに障害物あり」は大事。こっちの道路は路肩に普通にポットホールがボコボコあいているので。
その他、横に並ぶな、轍状の進行方向に平行な凹みや段差に注意、歩道に乗り上げるとき(米国では歩道を自転車で走るのは常に×であるので、実際には普通は起こらないが)にはできるだけ直角に。
慣れてきたらできるだけ近づいて走れ、その方が俄然ラクだから、とも一応言っておく。

3. 大人にとっての追加的注意点
普段はミラーを持たないが、子供が後ろからちゃんとついて来ているかの確認、後方の交通の確認のため、持って行く。以前にサングラスにつけるタイプのが良いという記事を書いたが、すぐ壊れてしまったので手首に巻くタイプをつけていく。
当たり前だが時速30kmで巡航なんてできないので、20kmくらいで走る。

4. 実際に走ってみて
意外とよそ見せずに走っているのか、私にぶつかりそうになる、変な障害物に当たりそうになる、ということはなかった。
スピードはやはり遅いので、常にミラーを確認しながら、スピードを調整する必要がある。できるだけ近づけ、と言うのだが、慣れないうちは怖いんだか、どうしても間が空いてしまう。一回、1~2mくらいまで近づいたので、試しに加速してみたらあっという間に後ろに行ってしまった。
遅い中でも、上りが圧倒的に遅い。しまいには歩いて押し始める始末。。まあ、初心者だから。これは練習が必要。
それから、平坦なところでふと気づくと、ガニ股で近くのコンビニにでも行く中学生のような乗り方をしているので、乗り方については根本的に指導が必要。
前にも書いたが、米国ではギリギリに抜かしていくバ◯な車はほとんどいないので、その点は比較的安心。
止まっている時間も入れて、29kmを1時間55分。まあ、最初はこんなもんか。

走り終わって疲れたかきいたところ、「疲れないけど、帰って勉強しないとならないから帰りは電車で帰る」。
まあ、こっちは電車の本数も少ないから自転車で帰った方が速いんだけど、まあいいや。
徐々に距離を増やして1日100km走れるようにしたいところ。

Trek FX ~ 中学生の長男の自転車

何か中1の長男が、夏休みに親父と一緒に自転車旅行に行きたいと言い出している。
まじか。
今の時点で実現するかまだ不明ながら、それに向けた出来事シリーズを書いていこうかと思う。もしかしたら同じような家庭の参考になるやもしれぬ。

本日は自転車購入編。
これまで彼は日本では、あさひで買った3万円かそこらのマウンテンバイクもどき子供自転車に乗っており、友達の家やらコンビニやらまで普通に乗り回していただけで別段自転車には興味がなかった。それがいきなり自転車旅行である。

1. ちゃんとした自転車
自転車旅行と言ったってせいぜい1泊2日だろうが、それでも長い距離を遠くまで走るわけなので、大人界でも名の通ったブランドのものを、(量販店ではなく)自転車屋で買うのが前提だろう。
米国での自転車販売は、①ToysRusとかTargetとかの量販店ルート、②Dicks(旧Sports Authority)のようなスポーツ用品店ルート、③自転車屋ルートの3つの販売チャネルが主流(あと、通販もあるけど)。今回はちゃんと自転車屋に行って買います、はい。。
予算的には500ドルで収まればいいけど。。さすがに無理か。

2. ロードバイククロスバイク
これ悩みどころ。
(1) ロードバイクを買うメリット(一般的なことではなく、このシチュエーションでロードを買うことのメリット)
 ①クロスバイクを買って自転車が好きになると絶対にロードバイクが欲しくなると分かり切っているのではじめからロードを買ったらよい
 ②長距離はロードバイクの方がラク
 ③私と一緒に走ったり、目的地で写真をとったりするのに、長男のバイクもロードの方がなんかいい(どーでもいいか・・)
(2)クロスバイクを買うメリット(同上)
 ①ライドポジションやタイヤの太さなど、全体的に乗りやすい。あさひのマウンテンバイクもどき子供自転車からいきなりロードってのもないだろ。
 ②日本ほど街乗りすることはないが、それでも中学生にもなれば友達の家に自転車で行ったりもするので、そういう街乗りにも使える
 ③たぶん、ロードより安い
 ④ロードバイク好きになられても困る(カネがかかるし、危ない)ので、それを少しでも回避。

なんとなくクロスバイク優勢に見えるが、私的には(1)③の理由からロードがいいなあと思っていた。
そもそも身長150cmばかりの坊主に乗れるロードなんかあるのか?
調べてみるとFujiのSportifというロード(ロードであってスポルティフではない)はXSSというサイズもあって乗れそう。650ドル。
「Fujiって名前が日本っぽくって超かっこいいよね。昔は日米富士自転車って言ったんだってよ。オレこれがいい」と一人で盛り上がってる。
あとは700cでなく650cのロードって選択肢もある。TrekやSpecializedが出してるが1000ドル超なんだよな。。

3. 自転車屋にて
Danny's cycleというところに行く。なんかいくつも店を出してるチェーン店みたい。あさひとY's Roadの中間みたいな感じの店。Danny'sのScarsdale店は、私のNoah Fastのシフトケーブルをフレーム内に通し直してくれたGJな連中なのであるが、混んでいるのとFujiを扱っていないようなので、New Rochelle店に行く。いい感じにガラガラ。すぐに店員につかまる。

「うちの坊主、夏休みに俺と一緒に自転車旅行行くって言い出してるんだけど、こいつにぴったりな奴なんかない?ん?オレ?オレはロードに乗ってるけど」
「どれくらい行くんだ」
「せいぜい2日じゃん。そもそもロードがいいのかマウンテンバイクチックなのがいいのか・・」
「マウンテンバイクは最悪チョイスだな。Hybrid bike(クロスバイクのこと)がええべ。帰って来てからも街乗りに使えるし。ロードはちょっと子供には複雑すぎるんじゃねーか」

私は、店員というのは店の売上・利益を極大化するために存在するのであって、客の効用を極大化するために存在するのではない、と思っているので、自転車屋に限らずできるだけ店員とは会話しないようにしているのだが、いざ店員と会話をすると、そうかそうかと簡単にナットクしてしまう傾向にある。

そうかそうかクロスバイクがいいのか。

なんか長男もそれほどFujiのロードにこだわっておらず、クロスバイクでいいらしい。ロードだと街乗りできないのが困る様子。
問題は、この店は品揃えのほとんどがTrek、あとなぜかOrbeaしかないこと。
Trekクロスバイクは以前に自分も自転車通勤に使っていた(FX 7.2)が、ロングホイールベースの乗り味がいまいち好きになれなかった。クロスバイクならGiantのEscapeかなんかで済ませられたらよかったのになあ。。
結局、FX3.0に。660ドルもした。Fujiのロードより高いじゃん。

一応、フォークはカーボン、リアメカはShimanoのAlivioグレード。Tiagraみたいなもんだね。中学生にはぜいたくだな。
ギアは前3速の後ろ9速。これならいくらなんでも大丈夫だろ。

一応、お約束でホイールの反射板やらカセット裏のプラスチック円盤を早速外す。ペダルの反射板も外した。それからサドルを家にあったFizikのに替えてみた。街乗り用にキックスタンドつけてみたが、旅行に行くときは外す予定。
サドル低っ。
f:id:riruriruhkg:20180520164357j:plain

これで自転車旅行行こうにも、サドルバッグつかないじゃん。
クロスバイクだとシフターがハンドルバーの前縁を陣取ってるからフロントバッグもたぶんつかないぞ、これ。
さーどーすんだ。。次のステップの課題。。

Ridley Noah Fast レビュー(なんちゃって)

Noah Fast、購入後実は全然乗っていなかった。ZwiftトレーニングはCAADでやっていたし、レースもクラッシュが怖くて(そしてNoah Fastで遅いのが恥ずかしくて)CAADで出ていた。
※ちなみにFocus Cayoに至っては、NYに持ってきたものの、昨年6月の「渋峠越え日本海までRide」以降、乗ってない。。

で、初めて1時間ほどNoah Fastにまたがってみた。実走環境が悪いなりに、一応近くにサイクリングロードもどきがあるので、そこを走ってみた。
で、全然わかんないんだよね、違いが。フレームだけじゃなくてホイールもサドルも違うわけだし、いつも走ってる(といってもいつも走ってるのは固定ローラーとProspect Parkだけなんだけど)道でもないし。雑誌とかでレビュー記事書いてる人って、すごいと思うわ(まあ、半分は宣伝なんだろーけど)。

世の中のレビュー記事を見ると(といっても2014年以前のものしかないが)、
・日本のレビュー記事では、横剛性が弱く、レースシーンでのクイックな反応はいまいち
・海外のレビュー記事では、剛性が超高い(super-stiff)
・エアロ性能は良く、高速を維持するのはたやすい
・ブレーキの効きは決して悪くないが、レースシーンでのいざという時の制動力は好き嫌いが分かれる(要はだめってこと?)
・格好はいい(そんなん見りゃ分かる)
・高い(それも分かる)
といった感じ。
そもそも剛性で評価分かれとるやん。個人的には、レビュー記事で参考になるところがあるとすると、剛性に関する部分だけだと思ってたんだけど。。それからこのフレーム、レース用なんじゃなかったっけ。。

まあ、全体的には値段ほどの価値はなさそうって雰囲気で一致している。開発に相当カネかかってそうだから、高い値段で売り出したんだけど、いまいち評価が高まらなかったから2015年モデルで姿を消したんだろうな。3年前のが新品で(しかも7割引なのに)売れ残ってたってのも、ナットク。。

で、私も一応乗ってみましたよ。
一言でいうと、特段全く不満はございません、というところかな。外観は気に入っているが、それ以外は別に普通かな。エアロ性能はどれほどのものか分からん。プラシーボ効果すらもあまり感じない。。
定価だったら買わないね。
心配していたブレーキだが、これは思ったより普通だった。効かねーな、という感じはしなかった。もっともパニックブレーキ的なかけ方はしてないけど。
それ以外のところは、それっぽいこと書こうと思えば書けないこともないけど、感覚的なものの域を出ないから。。

f:id:riruriruhkg:20180507104713j:plain

Prospect Parkでやってる草レースは6月初めまで1カ月ブランク。その間は、季節も良くなってきたし、少し遠出しようかと思う。それでNoah Fastに慣れたらレース投入。あ、でもこのフレームで遅いと嫌だからもう少し後かな。