Zwift始めた→やっぱ固定ローラー欲しくなった

NYの冬は寒い。雪も降る。うちの近くは道路も悪くムダにアップダウンがある。
とても実走する気にならないので、Zwift始めることにした。

1. Zwiftやるときの機材構成
自分の場合は以下の機材構成で始めた。
・自転車:Cannondale CAAD9
・ローラー台:JetBlack R1 (3本ローラー)
・センサー類:Powertap、Cateye心拍計(ANT+)
・受信側:amazonで買ったUSB ANT+ stick ($16.99)と延長コード($4.99)

新しく買ったのは受信側のUSB ANT+ stick(ドングル)と延長コードのみ。
Zwiftのコースに合わせて負荷を変えたいとかいう贅沢を言わなければ、とりあえず少額投資で始められる。パワーメーターがなくてもスピードセンサーやケイデンスセンサーだけでもとりあえず出来るらしい。

2. 感想
ローラー台でトレーニングする際の最大の難敵は退屈であること。今のところWork-outメニューばかりやっているが、Eventに参加しなくても周りの景色が動くだけでも退屈さがだいぶ和らぐ。
実は3本ローラーにまだあまり慣れておらず(やっと両手離しができるようになった程度)、300Wを超えてくるとふらついて落車の危険が高まる(実際に何度か落ちた)こと、同じく300Wを超えるとローラーの爆音により家族から罵詈雑言強烈なクレームが来ることから、やっぱ固定ローラーが欲しくなった。固定でやったら思う存分できるのに。。

3. 3本ローラーと固定ローラー
これまで固定→固定→3本 と乗り継いできた。
最初の固定はEbayで70ドルくらいで買った安物で、それではあんまりというんで、ミノウラのLR760というまともなのを買ったのが2台目。
3本に一度は乗ってみたかったのと、固定だとフレームに与える影響が心配されたので、JetBlackのR1という3本ローラーを買ったのが約1年前。しかし、相当に研究を重ねたにもかかわらず、日本の家では住居と共鳴する振動音が抑えきれず(家族からのクレームだけでなく、自分でもこりゃだめだというレベル)、また3本購入と同時にLR760を売ってしまったこともあり、結局室内トレーニングから遠ざかり、速く走ることを度外視してただ単に景色が良さそうなところにいくレクリエーショナル・サイクリング(自称ヒルクライム)に徹したのが昨年(7月まで)であった。
昨年7月にNYに引っ越してきて、何回か遠出をしたものの、自称ヒルクライムにもならないような丘しかないなど思いのほか実走環境が悪く、徐々に自転車から遠ざかり危うく2度目の盆栽生活に入るところであったが、新年を迎えたところで気を取り直して、Zwiftでも始めるか、と思い立って再び3本ローラーを引っ張り出してきたのであった。
どうも、世間では固定と3本を比較すると3本を礼賛する人が多いようなのだが、私は3本買った当初から、3本はフレームに影響を与えない以外はいいことないな、と思っていた。ペダリングの練習になる(3本)vs 心肺能力・筋持久力を鍛えるトレーニングになる(固定)というのが基本的構図だと思うが、ペダリングというのは練習するというよりも習得するもの(できるようになればとりあえずはおしまい)である一方、心肺能力・筋持久力はどこかのレベルまで鍛えればそれで終了というわけではなく継続的に鍛えることに意味があるものなので、継続的に使用するトレーニング機材としては固定ローラーに軍配が上がるというのは、ロジカルに理解に易いところであろう。乗りこなせれば3本でももがきを入れたり極限まで追い込むことはできるのかもしれないが、わざわざ不安定な3本でそれをやる必要はないし、そもそも自分は300W程度ですでにふらつく有様なので、乗りこなすのを待っていては肝心の心肺・筋持久力トレーニングがいつになってもできないことになる。
で、Zwiftで久々にパワーを意識してトレーニングを始めてみると、心肺トレーニング・筋持久力トレーニングに専念できる固定がどうしても欲しくなったというわけ。

4. 今回買った固定ローラー
実走ができないのでZwiftやるというだけであり別にZwift命ではないので、スマートトレーナーなぞ買う気はさらさらなく、へんてこりんなメーカーのでなければ別に安くていいと思ってた。
あるある。
EliteのSuperCrono Mag Force っていう、よく分かんないけどどうみても一番下のグレードと思われる固定ローラーが、いろんな付属物もついて12,000円台。あ、もうこれでいいです。
www.wiggle.jp

これはいわゆる自重式っていうのか、後輪ハブをローラー台に固定したあと、自転車自身の重さでローラーとタイヤとの接触圧を確保するというもの。前に使っていたLR760はローラーの方についているツマミを回してタイヤとの接触面の圧力を調整していた。Eliteの方がラク
速度を上げていくとローラー自身の回転音はLR760よりも大きいが、我慢できないほどではなく(3本に比べれば全然静か)、また純粋にローラーの回転音だけがする感じ。日本で悩まされた振動音はほとんど発生しない。今のところ、何の防音対策もせずに使用しているが、特段問題は発生していない。ただし、現在の使用環境は、地下ガレージの横の地面がコンクリートの地下室で使っているので、日本の家屋で使うともっとうるさいのかもしれないが。
そもそも固定ローラーは、よほどうるさくなければ、「乗れればよい」くらいのものと思っているので、まあ、今回のEliteで特段なんの問題もない。あえて言えば、マニュアルの図解が分かりにくく、やたらめったら図が多くてややこしいなと思わせるが、要は、組立はローラー部分をネジで本体に固定するだけ、調整時の留意点として、後輪の固定はローラー台の固定軸がクイックリリースに接したときに固定レバーの角度が55~60度くらいになるように固定軸の出代を調節する、ということだけ。
f:id:riruriruhkg:20180125154408j:plain


固定には3台乗ったが、はっきりいって値段の差がよく分からない。3万円以上もしたLR760ってのは一体何だったのだろうか。。
とりあえずは室内トレーニングの環境は揃ったので、もう言い訳はできまい。

NY Ride - 自転車で行っても意味のないSam's Point

久々の投稿過ぎますね。一応生きてます。

家族の受入れと生活の立上げでほとんど乗れなかったのと、そこそこ仕事も忙しく、ブログ更新する時間がなかなかとれなかった。
今回投稿するRideも、行ったのは8月の話。。

前回行ったBear Mountainに続き、ロクな山がないなりにもNY州のヒルクライムコースを探してみた。
theresalight.hatenablog.com

New York Top Bike Climbs(https://www.pjammcycling.com/new-york.html)で第6位となっているSam's Point。
なにやら断崖絶壁のあるハイキングコースとしても著名らしい。
結構遠いので、Beaconというところまで輪行していくことにする。

Beaconからハドソン川を渡ってNewburghという街へ。そこから延々とState Road 52号を北西に進むルート。

ハドソン川は、Interstate84というハイウェーの橋に歩行者・自転車用の道がついていて、そこを渡る。
こんな景色であります。
f:id:riruriruhkg:20171112132215j:plain

52号線は片側1車線だが、結構車通りも多く、また路肩が狭いところもある&舗装がひどいところもあり、決して走りやすい道ではなかった。ただ、こちらのドライバーは、日本みたいにギリギリで抜かしていくバ●はいなくて、目の前で転んでも轢かないくらい大々的に避けて抜かしていってくれるので、その点は安心。
Waldenという村に入ったところで、いくつか店が現れたのでダンキンドーナツで補給。チーズとソーセージと卵をクロワッサンに挟んで700kcalとかいう自転車乗りにぴったりのものがあったので、それで腹ごしらえ。
道はほとんど平坦。こんな景色がアメリカ郊外っぽい。
f:id:riruriruhkg:20171112132239j:plain

だけど単調。あまり楽しくない。。
Walker Valleyという街に入った頃から登りに。5~6%くらいの坂が5km弱続く。このエリアは路肩も広く、走りやすい。斜度も大したことないので、まあ頑張れる。
Cragsmoore roadに入るとあと一息。山道感が増すが、斜度はところどころ10%近く、ときどき平らなところもある、といった感じで、まあ、頑張れる。でも、景色が良いわけでもなく、あまり楽しくない。頂上に行けば何か見えるはず、との思いだけで頑張るが、頂上に行っても周りに木が生えていて何も見えない。しかも、なんか普通に人の家が建ってるだけ。

ちょうどその家の人が車で帰ってきたところで、「何か?」的な空気が流れる。。
仕方ないので、Sam's Pointの断崖絶壁に向かうハイキングコースの入り口にある駐車場とレストハウスに向かう。「頂上」よりはやや下ったところにあるが、そちらは観光スポットの入り口なので、もしかしたら何かあるかもしれない(見えるかもしれない)。

。。。
f:id:riruriruhkg:20171112132306j:plain

あああ、歩きだとあそこまで行けるのかあ。。。
ここから先は自転車では入れないことはもともと分かっていたが、あまりに達成感のない目的地。。
しかもハエが多く、トイレだけ借りて早々に退散。

帰りも来た道をほぼ戻る。Walker Valleyのダウンヒルはそこそこ快適であったが、あとは飽きた。

Newburghの街で、近道だろうと思って来たときの道と1本違う道(South St.,Liberty St.)を通ったら、明らかに治安が悪くやばそうな雰囲気。

なんか黒人の乗った車が抜かすときに唾とか吐いていったりして、「おおお、これ通っちゃいけないやつじゃん。。」と思い、全速で通過。ムダに疲労。。

Beaconの駅にたどりついたら、川沿いの公園で夏祭りをやっていた。
こんな感じ。
f:id:riruriruhkg:20171112132543j:plain

結論。Sam's Pointは自転車で行っても、遠いだけ。意味なし。

ちなみに、後日、車と歩きで行ったときの写真。
f:id:riruriruhkg:20171112132559j:plain
f:id:riruriruhkg:20171112132615j:plain

こうでなくっちゃ。。

NY Ride - Bear Mountain それとNYの輪行事情

NYに来て1週間。せっかく自分と一緒にCAADを持ってきたので乗らねば。

山がねえなあ、と思いながら地図を見ていたら、Bear Mountainというのを発見。マンハッタンから60kmくらいハドソン川を遡ったところ。等高線をみると1200とか書いてあるので、標高1200mの山がちゃんとあるじゃん、と思ったら1200フィートだった。なんだ400mかよ。。

それでも、このBear Mountain、New York Top Bike Climbsというサイト(https://www.pjammcycling.com/new-york.html)で第9位になっている(Seven Lakes-Perkins Memorial Dr, Stony Pointというのがそれ)。距離4.5マイル(7.2km)、平均斜度5%か。
ちなみにNY州のTop Climbの中で、全米トップ100に入っているのは、NY第1位のものだけ。それもほとんどカナダ国境にある、そう簡単にはいけない場所にある。それだけこの州には大した山がないってこと。。

まあでもほかに手軽に行けそうな場所がないので、ここに行くことにする。
流石に自走する元気もないので、マンハッタンから電車で輪行する。NYの郊外電車、Metro NorthのHudson Lineというのに乗り、Peekskillというところまで行く。窓口でPeekskillまでの切符を買ったら、よこにいた怪しげなおっさんが「お前Peekskillに行くのかよ!」と驚いたような顔で笑っていたのだが、何か文句でも?

こちらの輪行は、日本のようにホイール外して輪行袋に入れて、という面倒なことをする必要がない。窓口で5ドル払ってBicycle permitというのを入手し(いつまででも使える)、空いてそうな場所にそのまま乗るだけ。
ちなみに土曜日の朝6時半頃に、出発ターミナルであるGrand Central駅に行ったら、結構な数のロード乗りがいた。まあ、みんな遠出して乗るわけなんだな。
こちらBicycle Permit。
f:id:riruriruhkg:20170731014516j:plain

こんな感じで載せる。右のは知らない人の。
f:id:riruriruhkg:20170731014559j:plain

電車に揺られること約1時間、Peekskillに着く。アメリカの田舎の駅って感じですな。
f:id:riruriruhkg:20170731014633j:plain

ちなみに駅前にはデリが1軒あるだけ。そこで腹ごしらえして出発。
この町はハドソン川の左岸(東側)にあり、Bear Mountainは右岸にあるので、ここから少し上流に行ったところにあるBear Mountain Bridgeを渡ってハドソン川を渡る。Peekskillの駅は川面ぎりぎりにあるので、いきなりプチヒルクライム。ちょうど日本の海沿いの道(135号の湯河原-熱海らへん)のような感じで結構上らされる。
途中の展望台からの景色。
f:id:riruriruhkg:20170731014713j:plain

Bear Mountain Bridgeを渡り、ヒルクライム開始。まあ、大したことないですな。5%くらいの坂がずっと続く感じ。渋峠草津-殺生河原間のようなイメージ。途中で右に分岐して、Seven Lakes Driveという道からPerkins Memorial Driveに入ると少し斜度が上がる。標高400mだし頂上らしきものがいつも右手上方に見えているからすぐ終わりそうな感じはしていたが、この分岐のところに「ここから2マイル山道スリップ注意」みたいな標識があったので、なんだまだあと3km以上もあるのかよ、と思いインナー開放。ところどころ景色がいいところもあり、車も少なくて走りやすいので、まあまあのコースではある。
ちなみに、これくらいの斜度の道だと上り苦手の私でもそこそこ行けてしまい、例によって体重の重いアメリカ人の「ふつうの」ロード乗りは上りが遅いので、スパスパ抜かせてしまう。これで自分が上りが速いと思ったら大間違いなのだが。。

頂上到着。日本とはまた違った景色。
f:id:riruriruhkg:20170731014752j:plain
f:id:riruriruhkg:20170731014819j:plain
f:id:riruriruhkg:20170731014856j:plain

最初にしてはまあまあのヒルクライムコースであった(次以降、行く場所がないのであるが。。。)

下ってくる途中は、都民の森から下ってくるときと同じくらいの数のロード乗りとすれ違った。やはりこの近辺にはほかにまともなヒルクライムコースがなく、みんなここに集まって来るんだろうな。。

何も予定がなければ帰りは自走でも良かったのだが、午後から用事があったので、マンハッタンに戻る方向で走り、適当なところから電車で帰ることにした。

こっちの田舎道(といっても米国全体で見ればまだ都会な方だしふつうに生活圏だが)は、日本と違い、どこにでもコンビニがあるわけではないので、補給には注意だな。Peekskillはそこそこ店もある町だが、そこを過ぎると本当に何もなかった。家はところどころにあるが、店は全くない。移動食はまだ余裕があったもののの、ドリンクが枯渇しかけてどうしようかと思ったところ、たまたま自動車修理工場があってそこに自販機があったので助かった。

マンハッタンから北に向かって3本の郊外電車が走っており、来るときに乗ったHudson Lineが一番西側を走っている。真ん中を走っているHarlem LineのChappaqua(読めねえ)という駅を通ったので、そこから電車で帰ることにした。

走行距離 67.0km
もう少し走ってもよかった。